サイバーエージェントの最大の危機とは!?

8670views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
起業家

サイバーエージェント買収の危機

会社は深刻な事態に巻き込まれていました。サイバーエージェントは買収の危機に晒されていたのです。私は、そこからなんとか脱出するために、自分の全精力をつぎ込んでいました。2001年5月。28歳の誕生日を迎えた月でした。

村上ファンドによる買収劇

株価低迷に喘ぐサイバーエージェントは、存亡の危機を迎えていました。当時、M&Aコンサルティングの社長を務めていた村上世彰氏がサイバーエージェントの株を市場で10%程度買い占めていたのです。モノ言う株主がついに日本にも登場したということで、いつもマスコミから注目を集めていた、通称「村上ファンド」を率いる方です。

村上氏は、サイバーエージェントの第4位の大株主になっていました。そして村上氏から、 「サイバーエージェントが上場時に調達した225億円を、一度株主に返したらどうでしょう。つまり一度会社を清算してやり直したらどうか、ということです」と通達されたのです。そこからは、悪夢のような数か月でした。

サイバーエージェントの保有現金が買収の原因

その頃、サイバーエージェントが保有している現金よりも市場の株価が低かったために、現金目当てで買収し、赤字事業を整理すれば巨額の利益が出るような状況にあったのです。赤字の事業のほとんどは「メディア事業」でした。後で詳しく述べますが、この事業群は、私にとって、サイバーエージェントの将来を担うために先行投資していた重要な事業でした。

しかし、この初夏から秋までの期間、私の持つ潜在株式の契約上の問題と、村上氏のアドバイスに従って自分の株を社員に配ったことで、私の株式保有比率は下がっていました。気がつけば、どこかの大株主がその気になれば、サイバーエージェントを子会社化することが可能だったのです。

サイバーエージェント買収の危機

私は大株主と株式保有比率を巡る交渉をぎりぎりまで続け、調整に全力を注ぎ続けました。また同時にあちこちからくる買収の話にも粘り強く交渉していました。買収ゲームから会社をなんとしても守らなければならない。そう私は決意し、可能な限りの努力も我慢も、何でもしていたつもりでした。それでも突破口が見いだせずにいました。そして最後にとうとう絶望し、会社を手放す覚悟を決めました……。

買収劇救世主楽天の三木谷社長

そんな時、救いの手を差し伸べてくれたのが、楽天の三木谷浩史社長でした。楽天もネットバブル崩壊の影響でご多分に洩れず株価低迷に喘いでいました。そのような状況にもかかわらず、ある人からの紹介を頼りに楽天のオフィスを訪ねた私に、三木谷社長はその場で、10億円を投資してサイバーエージェント株の10%を買い取ることを約束してくれました。誰もが苦しんでいたその当時、10億円もの金を出せる会社はほとんど皆無に近かったのです。

三木谷社長に助けてもらうような形で、私はぎりぎりのところで危機を乗り越えました。その後、上場前に取得したワラント(株を購入できる権利)を行使して、現在も私が筆頭株主になっています。こうしてサイバーエージェント最大の危機は、大きなニュースになることもなく、静かに去っていきました。

藤田社長でも挫折があった

26歳の時、「史上最年少上場社長」などと私はもてはやされていたことがあります。しかし、当時はまだ上場企業の社長という役柄に中身が全く伴っていませんでした。経験も知識も不足していて、そこでの先輩経営者の会話は自分とは全くレベルが違う感じで、きちんと理解できていなかったのです。

それ以上に、語られている内容が、自分が置かれている状況とあまりに違っていることにも打ちのめされていました。かろうじて生き残った自分の会社はまだまだ小さく、株価は低迷し、社内は混乱し、なんとか抜け出そうと必死に足掻くいている自分と比べて、この人たちは全然違う……。目の前で経営者としての格の違いを見せつけられた気がしました。

当時の私は28歳。買収騒動の一連の経緯の中で、海千山千の交渉力を兼ね備えた、一回り上の世代の経営者たちを前にして、無力な自分と絶望的なほどの距離を感じていました。それでも、熊谷社長、宇野社長、三木谷社長は自分より10歳くらい年上だから、 (10年以内に必ず追いついてみせる……)そう心の中で意地を張っていました。正直、それが精いっぱいでした。

買収を免れてしばらく経った頃、初の中長期計画を作成することにしました。

感想

すごくいい本でした。個人的にはアメーバへの立ち上げ前の買収の危機と挫折の場面に心打たれました。起業家を目指す人は必ず読みましょう! ビジネスパーソンは必読の一冊です!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く