【沈黙は"金"じゃなくて≪禁≫!!??】人生の2/3は〇〇でできている!! ≪人生が変わるトーク術≫

1521viewssnufkinsnufkin

このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術 昨日起こった出来事を面白く話す方法

本書のメリット

①【自分の事がよく分かる】自分をさらけ出せる
②【自分に自信が持てる】人前で話したくなる
③【人気者になれる】周りが寄ってくる

【エピソードトーク】=ある人物や物事に関する興味深い話

人生の2/3を占める≪コミュニケーション≫の中で、
周りの印象に残る為にも「エピソードトーク」が重要

上手く話せない原因

①メンタル

②話の内容

③話の組み立て

④話の伝え方

(原因①の克服)まずはハートを強くする

慣れる、自信を持つ

緊張に慣れる。緊張しても受入れる、開き直る
人の視線に慣れる
知らない人と話す事に慣れる
自ら笑いのハードルを上げない
自分で笑わない

「誰も私の話には期待していない」

そう思うと気が楽になる

(原因②の克服)話のネタを強くする

具体的で分かり易く

ネタは【アニキとタケシが過去住職】の中から

遊び
ニュース
季節
友達

健康
仕事
学校
家族
恋人
住居
食事
※不適切なネタはNG

「緊張の緩和」意識

安心→不安「女を口説いたら、妻だった」⇒緊張
不安→安心「いないいない、ばぁ♪」⇒笑い

「フリ」意識

オチ(緩和)を盛上げるフリ(緊張)を

聞き手に「共感」してもらえる

度が過ぎない

(原因③の克服)話(ネタ)を上手くまとめる

5W1H

状況を正確に伝える

話に自分の気持ちを入れる

起承転結に沿ったストーリー構成

途中でオチがバレないように

補足説明

必要な情報を加え、フリを強くする
※語り過ぎて、話が脱線してもNG

事実に脚色

より面白くする為 ※全くの嘘はNG

不要な部分(本筋と無関係な情報)を削る

6 (原因④の克服)伝える技術を磨く

比喩

【直喩】明かな比喩
「まるで~のようだ」「もし~ならば」
【隠喩】実際には不可能な物事で例える事が多い
「心の傷に塩を塗り込みやがって!」
「頼むから3回死んでくれ!」
※難し過ぎる表現はNG!聞き手が理解できるレベル

話を彩る為の化粧「擬態法」

【擬態語】状況、心理、動き等を想像で音にした言葉
「シーン(沈黙)」「ドキドキ」
【擬音語】実際に聞こえる音や声を表した言葉
「ワンワン」⇒「ギャンギャン」

登場人物を演じ分ける

⇒臨場感

声の出し方、テンポを変える。抑揚をつける

⇒話がリアルに

動き(表情や身振り・手振り)をつける

7 実践編

悪い例をウケるトークに変えてみよう

【例題1】「料理下手な彼女」
【例題2】「調子乗りの友達」
【例題3】「厳しい先生」
(※例文は長いので、本書を参照下さい)

8 もっとウケる為に

トークの前後にも気を配る

◆トーク前の「つかみ」
①同意型(相手に共感を求める)
「女の勘って、凄くないですか?」
②質問型(相手への質問)
「大人になってから号泣した事あります?」
感情型(自分の気持ち)
「めちゃめちゃ後悔した話なんだけど」
◆トーク後の「コメント」
(例:浮気がバレタ話)
①同意型
「浮気なんてするもんじゃないね」
②質問型
「浮気バレた時、お前ならどうする?」
③感情型
「次はバレないよう上手くやるよ!」

上手い人を真似る

話し方、表現方法、ネタの中身など、真似できるものは何でも

空気を読む

①時と場所を考えた発言
②相手の発言を見捨てない(←良い反応と、適切な質問)

     ≪あとは実践あるのみ!≫

感想

本書では、これらのテクニックを話し方の悪い例、良い例を紹介しながら説明されているので、より分かり易く、内容を理解できるかと思います。本書を読む時に、悪い例のところで、一度、読むのを止め、自分だったら、どう直すか、どう話すか等を考えながら読み進めると、より身につくのではないでしょうか♪♪

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く