たった30分の早起きを実践するだけでウツを減らすことができる!

2018viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
30分の早起きがウツに効く―心が晴れる“今よりちょっと”早起き法

早起きすれば「生命リズム」を取り戻せる

うつの前兆に自律神経失調症

・うつ病の前には自律神経失調症の症状が現われる
・自律神経失調症:自律神経の働きが悪くなり、生命リズムが崩れてしまう

自律神経失調症の原因はストレス

・自律神経には交感神経と副交感神経の二つの神経がある
・この二種類の神経がバランスを維持すると健康が保たれる
・ストレスを受け、ストレスが蓄積されるとバランスが崩れ自律神経失調症になる

30分の早起きは弱いストレス

・30分の早起きは人間にとって弱いストレス
・早起きを実行・継続するとストレス耐性が生まれる
・ストレスに慣れるようになり、自律神経失調症になりにくく、うつ病にもなりにくい

早起きには他にもメリットがたくさんある

早起きの三大効果

1.生活リズムを正す
2.人生の目的を明確にすることができる
3.自分の長所を生かせるようになる

週3回の30分の早起きでも出てくる効果

・心身が健康になる
・性格が積極的になる
・仕事が効率的になり、斬新な発想ができるようになる

もっとある効果

・朝食前の時間が有効に使えるようになる
・ストレスを解消できる
・健康を取り戻せる
・脳細胞が活性化され、集中力が高まる
・自分を変えることができる
・家族や友人・知人に対して素直になれる
・何事に対しても積極的になれることが、人生の目的を(再)確認できる

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く