なぜ正直者はバカを見るのか?成功するためのずるい技術

1587viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
ズルい奴ほど成功する!

中途半端に正直者であろうとしてはいけない。
世の中は所詮正直者がバカを見るように出来ているのだ。

次のような人に読んで欲しい

・頑張りが認められない
・いつも損してばかりいる気がする
・お人よしで貧乏くじばかり引いてしまう
・肝心なところで負けてしまう
・なぜか人の言いなりになってしまう

なぜ正直者はバカを見るのか?

正直者=文字通りおめでたいバカ
バカ正直⇔ずる賢い
ずるさとは賢さの証明であり、社会的知性の証明である。
他の獰猛な動物よりも人間が進化したのは
唯一「知性」という武器があったから。

偉人や天才は大半がずるさを持って名を成している

創造力の高い人の傾向

・自分の好きなように仕事をする
・決め事を守らない
・会社で禁止されている事も、こっそりとやる

常識やルールにとらわれず他者と違った事をやるから仕事も人生もうまくいく。

誰かから「そんなの、ずるい」と言われたら

それはあなたの選んだ道が正しく、周囲を出し抜いた証拠。

仕事は内容より速さで勝負しろ!

誰だって、他者の視線は気になる。
お人よしほどその傾向が強い。だが、
他者からの視線や評価を必要以上に意識しすぎた結果
資料作成作業は遅れていく。

その他大勢から飛び出す方法

人の意見にケチを付けまくれ。
心理学にはマイノリティ・インフェルエンスという効果があり、
どんな少数派の意見であっても、一貫して主張し続ければ、多数派の意見を変えていくことが出来る。
どんな暴論でも一貫して主張し続ければ、やがて正論に聞こえてくるものなのだ。

困った質問には

「君はどう思う?」で逃げる
上司や先輩であれば、部下、後輩からの質問には全て答えてあげたいものだ。
部下のためにもなるし、自分の威厳も保てる。
しかし、高度な質問を受け困った時は、「君はどう思う?」と質問返ししよう。

質問返しのメリット

・相手が答えている間に考えられる
・答えに困っている姿を見せずに済む
・相手の意見を盗む事が出来る
・(発言の機会を得て)相手が喜ぶ

一番良くないのは言いよどんだり間を開けてしまうこと。
信頼はがた落ちになってしまう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く