入社前に読みたい本「入社1年目の教科書」

3121viewsorijoeorijoe

このエントリーをはてなブックマークに追加
入社1年目の教科書

入社0年目の教科書

話題の本だったので読んでみました。
本書に書いてあることを実践することはとても有意義であると感じました。
内容も非常に分かりやすく実体験と共に書いてあったのですっと自分の中に入ってきました。

コラム

仕事における大切な3つの原則
1. 頼まれたことは、必ずやりきる
2. 50点で構わないから早く出せ
3. つまらない仕事はない

会社選びの3つの基準
1. 「何をやるか」より「誰とやるか」
2. 小さい組織で自分らしさを表現
3. 次世代に残すことができるか

社会人として最も大事なスキルは、
「一緒に仕事をして楽しいと思ってもらえるかどうか」

仕事とは、未知の分野への挑戦の積み重ねです。それを血肉としてはじめて、社会人としての飛躍的な成長が望めるのだと思います。そして、勝負どころでチャンスをつかめた人が、より大きな次のチャンスの切符を手にするのです。その積み重ねが、あなた自身の成長にもつながっていくのです。

感じたこと

一見当たり前のようなことが書いてある本や、行動指針を示してくれるような本はたくさんあります。
「当たり前だし言われなくても分かってる」という人もいるかもしれませんが、当たり前のように見えて実際にすべてを実行しながら働くのは非常に大変なんだと思います。
来年から社会に出ますが、最後の学生生活の中から少しずつ実践していこうと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く