第12回本格ミステリ大賞受賞作。耽美・グロテスク・ユーモア・推理がみっしり詰まった豪華作品  開かせていただき光栄です

1586views惺

このエントリーをはてなブックマークに追加
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)

時代背景・舞台

18世紀のロンドン。外科医の身分がまだ限りなく低く、解剖学のために死体収拾が秘密裏に行われていた時代。

主な登場人物

【ダニエル】外科医兼解剖医
【エド&ナイジェル】ダニエルの弟子
【ネイサン】詩人志望の少年
【サー・ジョン】盲目の判事

書評

 重要なキーパーソンである解剖専門の外科医・ダニエル。そして5人の才能ある助手たち。そのやりとりが愉快。師弟の絆は強く結束していて揺るぎない。
 舞台設定が18世紀ロンドンなので解剖学がまだまだ認知されていない時代。ゆえに技術向上のための死骸調達もままならず、危ない橋を渡ってようやく手に入れた死骸はなんと準男爵令嬢。しかも未婚でありながら妊婦だったという、いわくつきのもの。
 紆余曲折あって、なんと男爵令嬢の他に2体もあるはずのない死骸が発見されてしまう……。

 という冒頭から本格ミステリの始まり。探偵役は清廉潔白な法の番人、サー・ジョン治安判事。彼は盲目であるけれど、その分雑多な周囲に惑わされることなく、しっかりと真実を見極めることができる。
 インパクトありすぎる脇キャラ・少年ネイサンの所有する稀覯本をめぐる陰謀にまきこまれるダニエルとその助手達。彼等は解剖技術を武器にして共にサー・ジョン治安判事とタッグを組んで数奇な殺人事件を解明してゆく。
 二転三転する事態。一体真犯人は誰なのか? ネイサンを主軸に置いた視点とサー・ジョン判事主軸の現在進行形視点。時系列が異なりながら進行し、ラストには見事に融合するという構成の巧みさ。裏に裏をかくトリックの鮮やかさ。そして毒々しいまでのユーモア。そしてほのかに漂う背徳と耽美。

 無事事件が解決したあとの寂寥感がたまらない。そして全編通してどこか突き放して達観しているような洒脱さ。 耽美・背徳・グロテスク・ユーモアが渾然一体となったミステリ作品。

感想

作中に登場する「解剖ソング」がとても効果的。うまいなあ…とつくづく思う。
グロテスクだけどユーモア。描く青少年達が魅力的なのは得意技?
楽しませていただき光栄です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く