本当にウェブで効果を出すために知っておきたいこと! キレイゴトだけではウェブは儲からない

1587views本で人生は変わる本で人生は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブで儲ける人と損する人の法則

ウェブは夢の世界じゃない

世の中、ツイッターだのiphoneだのipadだのいろいろと新しいネット関連ツールが登場したらそれを持ち上げては

「革命です!」
「世界が変わります!」
「あなたの人生パラ色です!」
「皆があなたの会社のファンになります!」

みたいな話になりがちですね。とはいっても、そんな夢みたいな話があるものなのだろうか?

ITライターやIT業界関係者の発言に不安を感じ、ネットのことを分かっていないにもかかわらず無駄な施策を打ち続けてきた企業の人々は、本当にかわいそうな存在である。一般人の中にも、ネットを使えば途端に自分が人気者になり、 仲間が増えるかのような錯覚を覚える人もいることだろう。だが、ネットのド現場にいる「IT小作農」の私からすれば、「そんなに甘いもんじゃねえよ」と鼻で笑いたくなる。

ソーシャルメディアを使いこなしたい企業が必要な2つのもの

1. ネット文脈の理解
2. PR活動のセンス

PRといえばツイッターをはじめたがるパカ広報はいらない。

ネットにもある「先行者利益」

「おすすめユーザー」に選ばれた彼らに共通する点の一つは、2007年3-4月頃に開始し、ツイッターが流行る以前から「ツイッターは面白い!」とすでに発言していた点にある。

ニュースサイト運営に心がける2つのこと

ニュースサイトの運営側として心がけることは二つしかない。一つはPVを取ることで、もう一つはクレームを受けないネタを出すこと。また、PV稼ぎはテレビからすること。

日本と英語圏のネットの違い

素晴らしい能力の増幅器たるネットが、サブカルチャー領域以外ではほとんど使わない上の人が隠れて表に出てこない、という日本の現実に対して残念だという思いはあります。そういうところは英語圏との違いがものすごく大きく、僕の目にはそこがクローズアップされて見えてしまうんです。

感想

ウェブ業界にいる人ならうなずける内容です。ブログやっても儲からないよ!アフィリなんて微々たる物です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く