問題解決プロフェッショナルになるための思考方法と技術

1623viewsshiorishiori

このエントリーをはてなブックマークに追加
新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

【概要】

問題解決において必要とされる思考・技術を中心に様々な分析方法を例と図で違いを明確にして解説。

1、 思考方法

(1)ゼロベース思考;既存のわくを取り外して顧客にとっての価値を考える思考法
→自分の狭い枠の中で否定的になってはいけない。

(2)仮設思考;常にその時々で結論を持って行動をする思考
→結論や理由の仮設、スピード感が重要

2、 技術

(1)MECE;「もれなしかつダブりなし」で考える思考技術(フレームワークの応用)

(2)ロジックツリー;物事を具体的かすることで原因追究や解決策を導く思考整理技術

3、 実践

■ソリューションシステム

ビジネス上の問題点を分析し、具体的解決策を立案する問題解決方法]

(1)事業課題の設定
・3C+1C分析;Customer(顧客)、Company(自社)、 Competitor(競合)+Channel(流通チャンネル)

・シェア分析;自社と他社の市場カバー率をバッティングの市場カバー率を比べて
シェアの要因分析方法
  ・パレート分析(20-80ルール);
 

(2)ソリューション・システムの導入
     ・3C分析;Customer(市場)、Competitor(分析)、Company(自社)で分析
    ・CS・CE分析;CE(顧客満足度)と将来のCE(顧客期待度)を比較分析する方法。
(ゼロベース思考をさらに具体化したもの。)
    ・付加価値分析;顧客側の付加価値構成をより細分化して問題点を明らかにする分析方法

(3)解決策の実行

【所感】

問題に直面した際に使える様々な分析方法を例話や図によって自然と理解することができた。また、分析方法ごとにどのような場面で効果的に使えるのか記載されているため今後の生活に役立てるのが楽しみだ。新しい視点で物事をとらえたい人、その名の通り問題解決のプロフェッショナルなりたい人におすすめしたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く