意思決定のための「分析の技術」の分析手法

2589viewsshiorishiori

このエントリーをはてなブックマークに追加
意思決定のための「分析の技術」―最大の経営成果をあげる問題発見・解決の思考法 (戦略ブレーンBOOKS)

◆概要

戦略・組織・マーケティングなどの一般経営課題を中心に「全体の体系」「考え方の骨
子」を「分析の技術」としてわかりやすくまとめてある良書。

1、分析とは

   ・物事の実態・本質を正しく理解・認識・判断し「正しい対応」するための作業  

2、分析の基本

(1)大きさを考える
      ①オーダーオブマグニチュード;全体での大きさの程度
      ②パレートの法則(=80対20の法則)
      ③感度分析;物事の影響度の大きさを位置づける分析方法
      ④クリティカルマス(=しきい値)

(2)分けて考える
      ①MECEに考える
      ②マネジメントインプリケーション思考
                  →より具体的で有効な打ち手を考えることが可能
     ③多元要素として考える

(3)比較して考える
      〈例〉ギャップ分析、コスト比較、シェア比較、ソフト要素比較
      ①Apple to apple思考;共通の目的を持って同一の指標を用いて比較する思考
     ②枠組みを考える
      ③説得の手法を考える

(4)時系列を考える
      ①自社のインプリシット・ストラテジー(隠れた戦略)を学び活用する
     ②流行などの大きな流れ・変化のパターンを読む

3、分析のバリュエーション

(1)バラツキを考える(現状をより正しく理解して意味を読み取る)
     ①二元の平面上に表示
      ②法則性を検討
      ③マネジメント・インプリケーションを読み取る

(2)プロセスを考える
      ・プロセスを追って因果律を考える

(3)ツリーで考える(判断力や想定のための思考をフレームワーク化)
      ①ロジック・ツリー
             →論理展開を樹形図に表現し考えてく思考技法

     ②イシュー・ツリー
             →課題解決に向け複数の構成要素に分解し解決思考に重要な
              要素を検討・実証する思考技法
      ③業務ツリー/テーマ・ツリー
             →業務や開発活動の関係性を樹状に構成し全貌を把握する方法
      ④デシジョン・ツリー
             →時間軸上で起こりうる事象の確率を検討、比較を行い決断の
              指標に客観的評価・選択を含ませる思考技法

4、分析の発展

(1)不確定な課題に取り組む
      ①信頼性のレベルにより情報を分類
      ②ロジックとフレームワークを活用(上記参照)
      ③プロセスを活用
      ④多数意見を集約

(2)人間の課題に取り組む
      ①枠組みの工夫
      ②情報を効果的に取込み活用する工夫
     ③先人の知恵や諸学問分野の学説成果を活用

◆所感

比較的わかりやすい言葉で事例を提示しながら説明する手法で書かれているため
様々な分析の特徴をつかんで物事の本質を導く方法を学ぶことができたと思う。
物事を見る力、考える幅を広げたい人にぜひおすすめしたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く