スーパーアフィリエイター与沢翼が提唱するフリーエージェントって何?

2044views本が好き本が好き

このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパー フリーエージェント スタイル 21世紀型ビジネスの成功条件

フリーエージェントとは何

会社などの組織に属さず、個人が単独でビジネスを展開するローリスク・ハイリターンの手法。それがフリーエージェントビジネス。

その使い手であるフリーエージェントは、自分の裁量で自由に仕事をこなしながら、社会に価値を提供して大きな収入を得ている人たちを指す。たとえば、セミナー講師。講師のみを専業にしている人の中には、自分が設定した日時にお客さんを集め、月に1回のセミナーを開催し、年収500万~最大では4億円もの金額を稼ぐ人もいる。

労力のわりに高い収入が得られる理由は、以前はもっとも難しかった集客が、フェイスブック、グーグルプラス、LinkedInなどのソーシャルメディアやブログ、メルマガなどを通じて比較的容易にできるようになり、集客コストがかからないのがひとつ。そして今の日本には、YouTube動画や電子出版、TSUTAYAのビジネスカレッジ(DVD)などで講師自体のブランドが育つ基盤ができていることが大きい。

アフィリエイトの使い手である僕らは「アフィリエイター」といって、インターネットのシステムを使って多くの人を集め、メールマガジン1通で自分が売りたい商品を大量に販売したり、検索エンジンを使って自分のサイトを検索エンジンの上位にあげることで多くの人を呼び、アパレルや化粧品、情報コンテンツなどのさまざまな商品を紹介して成功報酬を得ている。

ほかにも、サラリーマンの傍らコンサルティング業やネットショップ、不動産投資やネットワークビジネスをやっている人たちも、それを本業にすればフリーエージェントになるわけだ。そんなふうにビジネスモデルはいろいろだが、与沢翼が思う、フリーエージェントに共通する重要な定義が3つある。

まずは、組織に縛られていないこと。
次に、好きな仕事だけをやっていること。
そして3つ目は、学ぶことに意欲的であることだ。

ただし、自由にビジネスをしていくら学ぶことが好きであっても、貧乏だったらしょうがないわけで、そのビジネスによってお金をたくさん稼げることがこれから説明するスーパーフリーエージェントと与沢翼が呼んでいるものである。

感想

信じるも信じないもあなた次第です。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く