リスクについて知っておくべき、6つのこと

27105viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスク、不確実性、そして想定外 (日経プレミアシリーズ)

 リスクについて、本書から6つのことを学んだので、まとめてみました。

リスクについて知っておくべき、6つのこと

リスクの発生原因の多くは、「うっかりミス」

  • ミスの原因を深く探ることで、ミスが発生する確率を低める。
  • 何重にも安全対策を施す「多重防護」で防ぐ。

失敗があった時の適切な対処法

  • 失敗があった時には、正式な記録を作成するが、後で見返すことはないので、失敗を防止するには、定期的に見直す仕組みが必要である。

外部のサービスをどう扱うかが難しい

  • 様々なことが複雑かつ専門化しているため、外部のサービスに頼ることが多いが、リスク管理の観点からは、重要な主体的に考え、関与する必要がある。
  • リスクをどう見積もるかが難しい。

想定外の考え方

  • 人は何かものを考える時、これについて考えるという領域を決める。個の作業が想定であって、その範囲を超えた「想定外」の事態は、起こりえないのではなく、確率は低くても怒りうる。

「防げたはずなのに防げなかった」を防ぐには

  • 「防げたはずなのに防げなかった」が起こるのは、防ごうとしなかったことが原因。
  • 防ごうにも、リスク管理を行うインセンティブがないことが多いので、そのインセンティブを用意することが重要。

リスク管理の三つのカギ

  • 将来の予測には限界があることをわきまえ、想定外のことは起こらないという思い込みを持たない
  • 「あれっ」と思う感覚を大事にし、それを生かす。
  • 大局観や広い視野を持つ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く