銀行の役割が変わるかもしれない。

1706views賑町書店賑町書店

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方 (生きる技術! 叢書)

 ウェブを通じてお金を借りたい個人と、お金を貸したい個人が出会う。
 多数の個人から少額の出資を募るクラウンドファンディングは、これから事業を起こそうという人、学生への就学支援、アーティストやモノづくりに対する資金提供などができる。

ソーシャルファイナンスの全体像

  • ソーシャルファイナンス→ 人間関係を活用したファイナンス

ソーシャルファイナンスは2つに分けられる。

  • コミュニティ・ファイナンス → 一つ一つの人間関係が深い&人数が少ない。
  • P2Pファイナンス、クラウンドファンディング → 一つ一つの人間関係が浅い&人数が大きい。

投資、寄付、支援

P2Pは寄付や支援だけでなく、出資、ローン、有償寄付いう形でお金を貸すことができる。
お金を貸す側は、配当や利子、有償寄付の見返りとしてモノやサービスを受け取ることができる。

P2Pファイナンスは

  • 情報処理技術の進歩
  • 知識集約型産業へのシフトで初期資本が減少
という2つの背景によって可能になった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く