DaiGoメンタリズム7つの法則

2188viewsk110117117k110117117

このエントリーをはてなブックマークに追加
DaiGoメンタリズム ~誰とでも心を通わせることができる7つの法則~

はじめに

メンタリズムとは、心理学、人間の特性、運動力学、催眠を利用して人の心理を読んだり、行動をコントロールするテクニックです。

第1の法則

限定状況を見立てる能力「場面把握」
目的を達成するために現在置かれている状況を細かく分けていく「細分化」を行います。細分化により置かれている環境分析する。

第2の法則

心を通わせるための第一歩「観察」
人は誰かに会った時に、無意識のうちに相手のことを色々と観察しています。相手を見ることで数多くの情報が得られます。
ただし、見ることによって得られる情報量は膨大です。表情に加えて仕草、姿勢、話している間の動作といった情報のすべてを把握し、短時間で分析することは不可能だといえます。ですから、ただ漠然と見ているだけでは観察の効果はあまり得られません。必要な情報を入手するためには心理学、生理学的に見た場合の「人の感情が表れる部分」を重点的に観察するということです。
例えば相手の口元の動きと感情について、プラス(興味・集中など)の感情を持っている…唇が軽く開きがちなります。
「人は本能的に好きなものに対しては体を向け、拒否するときは体を背ける」自分に興味がない人は「上半身をそらしたり、少しひねったりして立っていることが多いです。

第3の法則

視線から心を知る「アセンブリ」
アセンブリとは配置という意味。人の思考や感情は、その人の前面に空間的位置が決まっている場合がほとんどです。

第4の法則

相手の感情を動かす「条件付け」
相手に条件(アンカー)を植え付け。相手の感情とリンクさせることで、思い通りの方向に誘導しやすくするというものです。

第5の法則

フィーリングを構築する「マッチング」
相手の動きを真似するだけです。だたし、気付かれてはいけません。相手の無意識に向けて行うテクニックですから、意識されたら失敗です。
人間は自分と似たような相手に対しては無意識に親近感を覚えるものです。こうしたあらゆるマッチングをさりげなく行うことができれば無意識下あなたと相手との間には信頼関係ができます。

第6の法則

相手を思い通りに動かす「マーキング」
人間は認識できる状態で「何か」を命令されると、それに反発したい感情が起こりやすくなります。けれども、自分自身で「こうしよう」と思ったことに関しては反発することはありません。
人間は思っている以上に無意識によって動かされているものなのです。「この人いいな~」「なんか雰囲気がよくない」など、たいていの場合そこには明確な根拠はありません。あくまでも無意識下の印象に過ぎないのです。
相手の無意識を誘導する非常に有効なテクニックが「マーキング」です。「○○して下さい」とは言わずに、会話の中や仕草にそのメッセージを埋め込み。強調して相手の無意識に働き掛けるのです。

第7の法則

実践的でより効果的な「話法」

感想

本に書いてあることができるようになれば、恋愛、営業はうまく行きます。自己啓発の精神論も重要ですが、人間の心理をついて話を展開するのも良いと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く