シナリオ・プランニング手法を企業レベルでの戦略立案に適用する場合の手引き。

2056viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
実践 シナリオ・プランニング―不確実性を利用する戦略 (Best solution)

企業レベルでの戦略立案の局面にシナリオ・プランニング手法を適用することを
簡単にするために、他の分析手法を併用して、手法を具体化している。

併用される分析手法

  • 産業バリューチェーン分析
  • マクロ環境分析(PEST)
  • 産業バリューチェーンへの影響分析(ファイブフォーシスフレームワーク)

またシナリオ・プラニング手法を実践するさいに
ポイントを外しやすい部分について、具体的に解説されている。

  • シナリオ・ドライバーを重要・不確実なものだけに絞り込む
  • シナリオ・ドライバーの因果関係を分析してさらに見通し良くする
  • マトリクス型表記やツリー型表記を使用してシナリオ論理モデルを分かりやすく表現する

最終章は仮想「ケーススタディ」となっており、
それまでの章で解説された手法や図解を実際の検討の流れに沿って解説し、
読者が理解しやすいものにしている。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く