中堅・中小企業を取り巻くM&Aの現状、M&Aを決断する前に知っておきたいこと

5043viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
M&Aそこが知りたい!―プロが教える会社の上手な売り方失敗しない買い方

中堅・中小企業を取り巻くM&Aの現状

1 なぜ、いま中堅・中小企業にM&Aが必要なのか

  • 「後継者不在の解決策」、「既存事業の強化策」として注目されている

2 「買いたい会社」と「売りたい会社」――どちらが多い?

  • 圧倒的な売り手市場は今後も続く

3 M&Aはどんなやり方(手法)で実施されるのか

  • 中堅・中小企業では手続きが簡単で「現金決済の株式譲渡」が主流

4 事前の承認を得るべき”ステークホルダー“とは誰か

  • 全員の賛同ではなく主要な人からの賛同を得るのがポイント

5 会社法の施行によりこれまでと変わった点は?

  • 現金を得る選択肢が広がり、手続きがより簡単になった

6 三角合併の解禁はオーナーにとって“追い風”となるか

  • 事業承継も相続対策も解決できる

7 実際のM&Aはどのような手順で進められるのか

  • 成約までに1年程度はかかる。2年かかることもザラである

決断する前に知っておきたいこと

1 売り手 売るメリットは大きいはずなのに、なぜ成約率は低いのか

  • 生じるデメリットの多くは事前の対策で回避できる

2 売り手 「清算」と「第三者への譲渡」

  • 税金により手取額に大きな差が出る

3 売り手 従業員に継がせることのメリットとデメリット

  • 「継がせたい人物」より「誰が継ぐのがベストか」を考える

4 売り手 会社の“売り時”はいつなのか

  • 「いますぐ売りたい」という会社は警戒される

5 売り手 依頼してから成約するまでどれくらいかかる?

  • 通常は1年程度だが、相手が決まっていれば半年ぐらい

6 売り手 業績が悪化した会社でも売れるのか

  • 赤字をカバーする不動産収入がある場合はどうか

7 売り手 会社の一事業だけを売却したいときはどうする?

  • 売却方法により対価の受け取り方、従業員の雇用責任が変わる

8 売り手 株主が分散しているがどうしたらいい?

  • 同意取りつけは売り手の責任。

9 売り手 名義株があるがどうしたらいい?

  • 事前にきちんと処理しないと大問題になる

10 売り手 迷ったとき誰に相談したらよいか

  • 具体的なアドバイスが得られる仲介機関がお勧め

11 買い手 買い手にとって“失敗”となるM&Aとは?

  • 一定期間以内に期待したリターンが得られないケース

12 買い手 「買い手の50〜70%は失敗」と言われるワケは?

  • 業容拡大には不可欠だがリスクを背負うのは買い手自身

13 買い手 買収に失敗しないために抑えておきたい留意点は?

  • 買収後をにらみながら買収交渉にあたる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く