心理学は武器である!仕事で使える心理テクニック

6170viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、あの人の話に人はうなずくのか―仕事に役立つ武器としての心理学

心理学は武器である

「戦略」として心理学を使いこなせば、仕事はうまくいく
才能や能力だけでは、人間関係の技術は身につかない
「真似る」からはじめて、必勝パターンをつくりあげる

相手の好感を得る自己演出としての武器

  • 視覚情報を操作して、第 一印象をものにする
  • あなたのイメージは、話す内容より話し方で決まる
  • タイミングのよい笑顔で好感度を高める
  • 笑顔は仕事と割り切れば武器となる
  • 目線 一つで相手は攻略できる
  • 重要なときだけ目線を合わせる
  • マメな奴ほど受けがいい
  • 好意は先手勝負に尽きる
  • 電話越しでも心は伝わる
  • 心理的に大きく見せて好印象を勝ち取れ
  • 時と場合によっては、自分を小さく見せる

相手をもっと知るための武器

  • 好意を持つ相手は腕組みをしない
  • うなずきを過大評価するな
  • まばたきが多くなった相手に話しかけてはいけない
  • 目はウソをつけない
  • 興味を失った相手に執着するな
  • 姿勢の変化で相手の気持ちは判断できる
  • 足元は口ほどにものをいう
  • 心のメモ帳で理解は深まる

相手との交渉説得をするための武器

  • 身の上話で、無口な人の口を開かせる
  • 専門家は取り込んで自分の武器にする
  • 主張を曲げない人は、質問攻めにする
  • 共通点が見つかれば、親近感が抱ける
  • 結論を急ぐ人には、リスクを開示する
  • 結論を提示するときは、反論を想定する
  • 「謝る」よりまずは「言い訳」
  • 「無言の力」を使いこなす
  • うなずきの達人を目指す
  • 相手の気持ちにお得感を植えつける

会議プレゼン必勝の戦略

  • 口パクで相手の注意を引きつける
  • 自分だけの"制服"で勝負に勝つ
  • 聞き手の反応を見て、スピーチを使い分ける
  • 適度な緊張は、能力を最大限発揮させる
  • 緊張の前倒しで、本番を乗り切る
  • 「見る側」 に回れば、あがらずにすむ
  • 初めてのプレゼンなら、味方をつくり出せ
  • 人の意見は変えられる

絶対勝利の間合いの戦略

  • 戦う舞台は自分で引き寄せる
  • 座席選びは無言のメッセージ
  • 男の会議は広い会議室がいい
  • 距離と人間関係は相関する
  • 身体接触は、パブリックスペースだけにする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く