あなたは本当の意味で真面目にお金について考えていますか?本当はお金が大好きな日本人

4112viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

本当はお金が大好きな日本人

・「お金儲け=悪」「投資=ダーティー」という認識をしている学生が8割を占める日本人
・老若男女問わずに、お金に対していいイメージを持っていないが、実は日本人はお金が大好き!
・日本人の個人資産における現金・預金の占める比率は55.5%(総額792兆円)
・同じ割合でアメリカ15.3%、イギリス32.2%、ドイツ31.9%と、圧倒的に現金・預金をする割合が大きい
・実は現金(現金・貯金)そのものが大好きで、少しでも現金を懐に貯めこみたい!と願っている

実はケチな日本人

・アメリカ人の寄付金額は、成人一人当たり年間平均約13万円
・一方、日本人の成人一人当たりの年間寄付金額はたったの2500円(アメリカ人の52分の1)
・他の先進国では家計の2~3%を寄付するのに対して、日本人はたったの0.06%のみ
・個人金融資産の1%が寄付されていれば、大震災の義援金として約14兆円集まったはず
・実際に集まった寄付額は、成人一人当たりの金額で6551円(例年の2倍程度)

実は外資ファンドよりハゲタカな日本人

・数年前、ブラジルがブームだった頃株を買いあさった日本人が大勢いた
・最近落ち目になった途端「次は中国ですか?」と質問ばかりする
・自分の利益のためなら相手の国がどうなろうと実は全然知ったことではない
・8兆円近い額がブラジルに投資されたが、解約が相次ぎ、いまや円高を引き起こす元凶になっている
・ブラジルへの巨額の投資の結果、ブラジル人には何の役にも立たないばかりか、経済を混乱させた

お金に対して真面目になろう!

・真面目の語源は「柳は緑、花は紅、真面目」という、中国の詩人の言葉
・真面目の本当の意味は、「本質は何か」ということを真剣に考えること
・日本人のお金に対する態度や行動は、不真面目(本質的なことを考えていない)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く