リーダーが意識したい、チームの潜在能力を生かす戦場のリーダーシップ

30602viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウエストポイント式 仕事の法則

 努力すればカリスマ性さえも身につけるのは不可能ではなく、本書にはその学習のためのポイントが示されているということで、ポイントを抜粋してみました。これ以外にも、様々な種類のリーダーを紹介していて、そちらも面白かったです。

リーダーシップの力

人の潜在能力を発揮させるのがリーダーシップ

  • 本書のリーダーシップは、「リーダーシップとは人々を感化して、任務、目的、あるいは事業を達成するための力を最大限に引き出す能力のこと」としている。

待遇を良くしても人々はついてこない

  • 待遇を良くすることより、組織の一員である事に誇りを持たせる事が重要。
  • 例としては、陸軍のグリーンベレー、レンジャー、海軍のシール特殊部隊、海兵隊などのエリート部隊は、特別手当は、その危険に対して少ない上、昇進が遅くにも拘らず、それだけその一員である事はステータスであるということ。

リーダーが意識したい、チームの潜在能力を生かす戦場のリーダーシップ

成功するリーダーの8つの法則

  • 清廉潔白であるべし
  • 仕事に精通すべし
  • 見通しを知らしむべし
  • 並外れた献身ぶりを発揮すべし
  • 前向きの見通しを持つべし
  • 部下の面倒を見るべし
  • 己を捨てて義務を果たすべし
  • 先頭に立つべし

部下を動かす4つの法則

  • 部下の自尊心を尊重する
  • 部下への気配りを忘れない
  • 自分の展望を伝える
  • 部下の全行動の責任を負う

部下の心の掴む時に意識したいこと

  • 人前で叱らない
  • 現場を歩き、自分の姿を見せる
  • ゲームのように競い合わせる

優れたチームを育てる5つのコツ

  • 部下の話を聞く
  • 叱責をためらわない
  • カウンセリングを行う
  • 規律を持たせる
  • 功績を認める
ウエストポイント式 仕事の法則

ウエストポイント式 仕事の法則

  • ウィリアム・A. コーヘン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く