「平均以下」からの出発!夢を叶えた必死の猛勉強法

4323views飛立知希飛立知希

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール

 今や、世界的ベストセラー作家のアンソニー・ロビンズ氏をはじめ、F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリ氏、「ザ・マインドマップ」案出者のトニー・ブザン氏など、超一流著名人の同時通訳を手掛ける小熊弥生氏。そんな彼女の英語学習の出発点はなんとTOEIC280点という「平均以下」からだった?!
 短期大学時代、英語関連のゼミの選考にも漏れ、それでも英語学習を諦めきれなかった彼女は、道すがら知り合ったアメリカ人男性に声をかけ、その仲間を含めた5人とルームシェア生活を開始。3つのバイトを掛け持ちしながら、生活費と共に当時の小熊氏が捻出するには大金だった、46万円を握りしめてトフルゼミナールへ入学。働きながら勉強することだけで必死だった彼女は寝ても覚めても英語漬けの生活を送り、半年後にはなんとTOEIC805点のスコアをたたき出した。その後、大手英会話スクールの主任講師に抜擢され、3年後には同時通訳者になるという夢を叶えた小熊弥生氏だからこそ、英語を使った仕事を志す全ての人にレベルを問わず、小熊式英語学習メソッドを本書で余すことなく明かす。
 TOEICはコツさえ掴めば、スコアアップできる。逆にTOEICのスコアがいいからと言って、英語運用能力が高いとは限らない。だからこそ戦略的かつ早々にTOEICでハイスコアをマークして、「英語を使った仕事」を手に入れるパスポートを掴んでほしいと小熊氏は切に願う。
 まず、リスニングは日頃から映画やドラマで大量の聞き流しを行う。ナチュラルスピードに慣れた「英語耳」ができていれば、TOEICのリスニングテストは「遅い」と感じられるようになる。
 次に、文法は受験英語で文法用語漬けになった方の固定概念を破る、「パターン学習で攻略する」。苦手意識のある人でも、難しい文法書を読み返す必要はない。テスト対策なら、どんどん問題を解き、解説を読んで理屈抜きに自分の弱点の傾向を分析するパターンを積み重ねていくほうが効果的と小熊氏。ただしこの際、何冊も問題集を解けばいいということではなく、解説が分かりやすく詳しいものを1、2冊徹底的に使い倒すのがミソだという。
 第三にリーディングは通訳の訓練法である「サイトラ(サイト・トランスレーション)」が効果的。英文を頭から読む際、意味のかたまりで「/(スラッシュ)」を入れて区切りながら語順通りに訳していく方法だ。また英語の論理展開を知るには、アメリカの学生が必ず学ぶというエッセイ・ライティングの知識を補うとよい。「最初に結論を書き、次に理由を述べ、具体例を3つ挙げ、『だから私はこう思う』と再度結論に導く」といった「英語の方程式」に則った英作文の方法。TOEICで問われているのは「現場で使える運用力=限られた時間内に必要な情報を正しくピックアップできる読解力」だ。問題文を先に精読し、必要箇所のみを読み取るだけで時間内に解答できる。
 最後に語彙。一番最初に受けたTOEICテストが280点というスコアでも、なぜ小熊氏は半年で500点以上もスコアアップできたのか?その答えは語彙にあった。語源、類義語、対義語をグループ化することで単語を芋づる式に記憶する。単語を紙に書いて目につくところに貼り、目が覚めてから、食事を取る時、移動中、トイレに入る時、お風呂に入る時、寝ている間までもずっとリスニングしながら「ブツブツ反復」して日々の新しい単語との出会いの機会を多く作ったことにあったのだ!
 「他の人と同じ学習法では英語は伸びない」その台詞は小熊弥生氏だからこそ、説得力のある言葉だと言えよう。

感想

大学受験時、できないと深夜3時まで帰れない「スパルタの英語学習塾」に通っていた筆者は、英単語を8000語暗記した。社会に出てからも働きながら、簿給ながらローンを組んで入った英会話スクールでひたすら英語学習してきた自分は、小熊弥生氏に共鳴できる部分と、まだまだ甘いなと思う部分とが混在している。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く