jQuery Mobileを利用したスマートフォン向け画面設計・開発手法を解説している。

1507viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
jQuery Mobile スマートフォンサイト デザイン入門 (WEB PROFESSIONAL)

第1章~第3章では、jQuery Mobileで標準的に実現できる画面レイアウト・画面遷移・画面部品が紹介・図説されているので、どのような画面を作れるのか視覚的に理解でき、試作することができる。
「第4章 カスタマイズ編」では、ノンカスタマイズ(第3章まで)の対応範囲を超えるプチカスタマイズ・セミカスタマイズの手法を解説している。CSS3によるカスタマイズの解説が多いが、コラムではツール(Theme Roller、Webインスペクタ)の紹介もあり参考になる。

また巻末には「jQueryMobilepペーパーシュミレータ」という紙工作のシートがある。
スマートフォン画面レイアウトの枠紙に、画面部品(UIパーツ)の紙を当てはめて、福笑いのように画面設計イメージを検討できる代物。
画面部品(UIパーツ)の紙を裏返すとマークアップのコードヒントが書いてあるので感覚的に分かりやすい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く