トヨタ流片づけの極意と整理術

6085viewsgungalgungal

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの片づけ

トヨタ流片づけの極意:定位置 定品 定量

CHAPTER1 トヨタ流「片付け」で仕事が変わる! うまくいく!

01 「ムダ」という宝を探せ

片づけないと4つのムダが発生
①スペースのムダ
②時間のムダ
③間違えるムダ
④とりに行くムダ
 

02 片づけは雑務じゃない「仕事そのもの」である

片づけは仕事の一部
5S
 整理
 整頓
 清掃
 清潔
 躾
  →整理と整頓を徹底するだけでも生産性は上がる

03 書類を取り出すのは「10秒以内」

書類を探す時間は積み重なると大きなムダに
 10秒以内は暗黙のルール
 

04 「キレイにする」がゴールではない

整理・整頓
 →「捨てる技術」であると同時に
  「必要なもの」を「必要な時」に「必要なだけ」
   取り出せる様にする事
 

05 モノを持つことは、コストになる

モノを持つにはコストが伴う
   

CHAPTER2 ムダを減らすトヨタの「整理術」

01 「モノの放置」がすべてを物語る

整理の意識がないからモノの放置が生まれる
 

02 捨てる「判断基準」を持ちなさい

捨てる基準を時間に基づき定める
 今使うもの(今日、明日)
 いつか使うもの(1週間、1ヶ月)→期限を過ぎたら処分
 いつまで経っても使わないもの→すぐ捨てる
 

03 「いつかは使う」には期限をもうける

必ず期限を設け、かつ期限をできるだけ短く
 

04 人を責めるな。「しくみ」を責めろ

人はモノを隠したがる心理を持つ
 →何か失敗を責める度にミスを隠そうとする
  よって捨てるためのルールを作ることが大切
 

05 「いらないもの」探しは壁ぎわから

いらないものはつい窓ぎわに置く
 →「陰」の部分をできるだけなくし、隠さず人目につくように

06 必要なものを必要なだけ持つ

手元に必要以上持つと、整理できない状態や問題が生まれやすい
   

07 先に入ってきたものから、先に出しなさい

書類の入口を1つに限定し入った順にたまった書類を処理
 

08 「発注点」を定めなさい

一定量になってから注文する発注点を定める
 

09 「使わないもの」「使えないもの」を明らかにする

赤札を貼り明らかに
 

10 1年間使わなかった名刺は即刻処分

使わない名刺を保管しても生産性は上がらない
 

CHAPTER3 仕事を効率化させるトヨタの「整頓術」

01 モノの置き場は、「人の動き」で決める

取り出す手間がゼロになる様に決める
 よく使うものは近くに
 一緒に使うものは一緒に
 

02 ワキが空かないようにモノを置く

手の届く範囲:一番負担をかけず効率よく体を動かせる
  

03 「使う頻度」で置き場を決める

よく使うもの→デスク周りや近くの棚
1週間、1ヶ月に1度→少し離れた棚
半年に1度以上→資料室や倉庫
  

04 「使う頻度」が低いものはシェアする

毎日使うものは個人管理
3日に1度しか使わないものはシェア
 

05 線を一本引きなさい

区画線
 モノの置き場を定め誰が見ても分かる様に表示した線

まずは線を1本引き、現状をよく見た上で修正する
  

06 他人が30秒で探せるように「定位置」を決めなさい

不特定多数の人が使うもの
 →定位置を決め必ずそこに戻す事が不可欠
 

07 「見よう」としなくても「見える」が大事

モノの定位置を明示する
 紙に書いて貼り出す
 棚にシールを貼り中に何が入っているか書く
 ロッカーや棚に使用者の名前を書いた札をつける
 マップ図を掲示する
 

08 モノの「住所」を決めなさい

モノをどこに収納するか定め管理徹底
 

09 どこに戻せばよいか一目瞭然の「姿置き」

置き場所に戻されるべきモノの形を表示する方法
  

CHAPTER4 トヨタ流片づけが「習慣化」する方法

01 そうじも仕事のひとつ

清掃、清潔、躾の3つが習慣化されないと元に戻る
清掃道具もオープンにし、いつでも使える様に管理
個人的に片づけタイムを設け習慣化
  

02 「そうじしないで済むしくみ」を考える

しくみを考える事も必要
  

03 人によって「キレイ」は違う。だから点検を!

04 「決めたことができない」のはリーダーの責任

リーダーが
 理解していないと職場に浸透しない
 率先して取り組まないと部下はついてこない

05 「片づけると楽になる」と実感する

実感すると習慣化しやすくなる
 

06 「きび団子」を用意する

片づけるとどんな利益があるかを示す

感想

感想

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く