微分積分 和達三樹 (類書との違い)

1816viewsbiobookbiobook

このエントリーをはてなブックマークに追加
微分積分 (理工系の数学入門コース 1)

昔から人気のある微分積分の参考書

数学科の生徒より、工学や物理、その他の理系の生徒に向いている。
(内容が実用的な範囲でシンプルにまとまっている)

証明などは、本筋を理解するために不要なものはカットしているので証明が目当ての人には向かない。

分厚く見えるが、紙が厚いのでページ数は少ない。

中身は、文章がうまく読みやすい。つまづかないで理解が進むようによく考えられている。

高校で数学が苦手だった生徒でも、全くの文系というレベルでない限りわかりやすい参考書だと思う。

練習問題は、多くはない。取り上げられている項目も網羅的ではない。

大学数学の一冊目としてオススメ!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く