これで一生病気にならない! 免疫力を高める眠り方「あたため睡眠」

18656viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
免疫力を高める眠り方

寝るときは体を温めよう

免疫力を高めたいなら体温を上げよう

・体温は1度下がると、免疫力は35%下がり、基礎代謝も15~25%下がる
・もしも体温が35度まで下がると、がん細胞が最も増殖しやすくなる

睡眠と温度の関係

・眠っているとき人の体温は下がる
・睡眠睡眠時には1度から1.5度も体温が下がる

睡眠中に病気は進行する

・もしも体温が36度ならば、睡眠中は35度になり、がん細胞も増殖してしまう

「あたため睡眠」を実践しよう

・理想の体温は37度
・現代人はのきなみ体温が低く、理想には遠い
・体を温める習慣を実践して、病気にならない体を目指そう

「あたため睡眠」を実践するには

・体を温める食事をとろう
・昼寝は1時間以内
・高ぶった神経を鎮めよう
・自己暗示を試してみよう
・日中は日光を浴びよう
・寝る前は体を温めよう
・入浴で心身をゆったりさせよう
・眠りを誘うアミノ酸の秘密(寝つきが悪いなら温かい牛乳を飲む)
・枕元にタマネギも効果的
・アロマ&ハーブティーで心地よい眠りを
・アルコールはほどほどに
・寝室は暗くしよう
・薬に頼るのは逆効果

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く