稲盛和夫が教える幸福になるための「働き方」

2333viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

「仕事を好きになる」ように働く

・「心の持ち方」を変える
・仕事に「恋をする」
・感動が新たなエネルギーを与えてくれる
・「製品の泣き声」に耳を澄ませてみる
・「渦の中心」で仕事をする

「高い目標」を掲げて働く

・「高い目標」を掲げ続ける
・持てる力をすべて出したとき「神が現われる」
・いつも「百メートル競走のつもりで走れ」
・誰にも負けない努力は、自然の摂理

今日一日を「一生懸命」に働く

・継続する力――「平凡な人」を「非凡な人」に変えるもの
・昨日より「一歩だけ前へ出る」
・今日一日を精一杯努力しよう
・能力を未来進行形で変える
・「できない仕事」を「できる仕事」に変える
・苦難、成功いずれにしても「私たちは試されている」

「完璧主義」で働く

・立派な仕事は「完璧主義」から生まれる
・最後の「一パーセントの努力」で決まる
・仕事で一番大切なことは「細部にある」
・「ベスト」ではなく「パーフェクト」を目指す

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く