日本人が世界で生き残るためのたった1つの方法!世界で戦うために必要な考え方

14130viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?

まず知っておくべき世界の今

・2050年までに、G7と言われる先進国のうちGDPで世界上位7ヶ国以内に残るにはアメリカだけ
・21世紀最大の人口ボーナス(子供と老人が少なく生産年齢の多い状況)を受けるのはインド
・新興国ではリバースイノベーション(機能・実用本位で虚飾を排除する製品づくり)が起こっている
・時代は変わった。現代のエリートたちは「一生現役」の準備を進めている
・日本の受験戦争をいかに勝ち抜いても、世界で戦える人材にはなれない

世界で戦うために必要な考え方

・しつこく、しつこく、自分の頭で考え抜け!
・新興国の人間やテクノロジーに凌駕されないために最も必要なものは感性
・「自立・責任・決断」がない世界は、世界で日本だけ
・心に悪魔の代理人(自分の意思に対して反対意見・問題提起をする別人格)を持て!
・タイムコスト意識を持て(体験をお金に換えていく訓練をしよう)
・多様性の中に身を置け!(信仰心への理解を持とう)
・情報をクロスチェックしよう!(日本は北朝鮮並みの情報統制国家)
・どんどんブレろ!(土台さえブレなければ、方法は環境・時代に合わせてブレる)
・どんどん失敗をしておけ!(日本人に足りないのは失敗の経験)
・巻き込み力をつけよ! 巻き込まれ力も!
・家族と対話せよ!(家族とともに積み重ねてきた時間は財産。もっと価値のあるものにしたいなら対話する)
・就「社」ではなく就「職」を意識しろ!(企業も忠誠心を見せるだけの人間を採用しなくなっている)
・フラットな人間関係を築け(年下・異性からも真摯に学ぶ)
・最悪を想定し、準備し、ポジティブになれ!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く