成功するために知っておきたい! ドラッカーの「マネジメント」

18376viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
有名人の成功のカギはドラッカーの「マネジメント」にあった

ドラッカーのマネジメント

・マイクロソフト社のその後の成功を決定づけたのは、「OSの使用ライセンスを第三者に与える権利は同社だけが所持する」とする契約条件、だった。ゲイツのこの意思決定こそ、マネジメント史上最高と評される見事なものだった。
・あなたが所属する組織には、明確な「企業の使命」がありますか?
・ある業界に強い影響を与える変化は、「顧客でない人たち」の世界から始まる
・マネジャーの能力は、正しい妥協と間逃った妥協を区別できるかどうかで決まる。区別できるようになるためには、最低限の要件を綿密かつ明確に判断できなければならない。
社内のどこかに賢明な人たちがいたら、彼らが主導権を握って当然だ
・すでに起こっている変化を認識することは、マネジメントにとって重要な使命の一つである。肝心なのは、それを早めに認識し、変化をチャンスとして活用すること
・人事起用のさいには、部下に何ができるか、その点に心を集中しましょう。部下がもっている特別な強みと、これから実行する重要な仕事に、必要な資質が合致するようにしましょう。
・誰がいつまでに何をするか? これこそが中心となる問題であり、それに対する答えが決まれば、成功にいたる行動が導かれる
・優れたマネジャーの特徴は、人間の強みを活用できる点にある。部下の強みを活用し、弱みを無意味なものにするための人材配置と昇進をつねに考えている。
・人間は強みをわずかしかもっていないのが常だから、まずその強みを見つけよう。
・正しい人事のために4時間をかけなければ、後で400時間とられます。それだけの時間はありません。
・イエスマンを周囲に集める人は、マネジメントとして無能だ。逸材は、イエスマンが望まれているような企業から去ってしまう。
・自分にないスキルや資質を自覚し、それを持っている人を雇え
・必ずしも自分がやる必要のないことは他人に任せる。重要と思っていることをすべて実行するだけの時間はない。
・変更されない計画はないという考えを基本とすべき
・組織内部の変化が外部の変化についていけなくなれば、終わりは間近
・組織はどこも、絶え間ない変化を受け入れることができるように調整し、体系化しなければならない。

ビジネスの考え方

・あなたの顧客は何をメリットと見なしているでしょうか?深く理解するために、あなたには何ができるでしょうか?「顧客でない人たち」がメリットと見なしているのは何でしょうか?「顧客でない人たち」の考えをいっそう深く理解するために何をしたらいいでしょうか?
・根本的な変化というものはつねに、自社の外で始まる。あなたがもし重要な社外情報を組織的に収集・調達・活用しなければ、チャンスはつかめない。組織の戦略は、社外情報に基づいて立てなければならないからだ。
・何を、誰が、いつまでに実行するかが明確でなければ、戦略からは何の効果も生まれない
・メディアが操っているのは「どう報道するかだけではなく、何を報道するかでもある
・ジョブズが斬新なのは、アイデアを初めて「実行に移した」点。アイデアを思いつくのは比較的簡単だが、アイデアを実行に移すのはそれとは別のこと
・最も単純なことが困難なのである。

部下の心得

・上司の弱みを認識するのはとても簡単だが、上司の強みを認識し、それを高く評価するにははるかに多くの経験が必要だ。

感想

ドラッカーの考え方を簡潔に分かりやすくした本!とっつきやすく要点がおさえらている。歴史上の人物の例があるので、入門、復習用として最適!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く