kindleやipadを使った効率的英語学習 【日本語みたいに自然に英語を理解できる】

1895viewsbiobookbiobook

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語は訳さず学べ! キンドル・iPad・iPhone対応 ドクター苫米地の次世代英語脳のつくり方

電子書籍は、「英語脳」を作るのにぴったり

映画やDVDを用いた学習法は、聴覚による「英語脳」

kindleやipadを使って、視覚による「英語脳」が作れる。

8歳~13歳のときに「日本語脳」ができるため、英語学習は難しい。

しかし、脳の神経ネットワークに新しく「英語脳」を作る方法なら可能。

そのためには、英語を学ぶときに日本語を排除する必要。

中途半端な英会話は、海外生活ではかえって有害な時もある。

英語の発音には、色々な種類があって、渡辺謙さんの日本語なまりの英語にあこがれる人もいる。

発音が悪くても、教養のある発言は認められる。そして、尊敬される。

kindleやipadは、自分専用の図書館を持つようなもの。

古典作品、名著が無料~2ドル程度で読める。100冊買っても2万円以下。

ダーウィンの種の起源 On the Origin of Speciesなどが無料で読める。

トレーニング

初級 英語漬けの生活に慣れる方法

中級 名著を多読する方法

上級 苫米地式速読術 ハイサイクル・リーディング

※ 以上の方法論が、脳機能学的な知見から説明されています。シンプルで、実行しやすく、無理がない方法です。

古典は難しいというのは誤解

日本語に訳された海外の古典は、誤訳が多く、シンプルな表現を難解な言い回しに翻訳しているために原著よりも複雑になる。

例えば、ストレートに翻訳すれば超物理学と言えばいいものを、形而上学などと翻訳してしまう。

日本のように昔と今で、英語がガラッと変わっているということはない。

著者のオススメ古典リストが掲載されている。アインシュタイン、ホッブスなど。

速読は訓練次第で、2年間に3000冊の本を読める。

kindleやipadで、世界中の英語情報にアクセスできる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く