金融を読み解くために必要なもの!金融基本用語を紹介!

6334viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
デリバティブのプロが教える 金融基礎力養成講座

金融市場の基本

金利の基本

  • 金利の重要性 → わずかな金利の変動が経済に大きな影響を与える
  • さまざまな金利と指標金利 → 重要なのは「無担保コールレート」と「新発10年国債利回り」
  • 金利はどのようにして決まるのか → 金利は市場による成長率の予想値である
  • インフレ率と実質成長率 → 金利の要因はこの2つに分解できる
  • 金利が経済に与える影響 → 景気に直結する金利は中央銀行が監視する
  • 中央銀行の課題の変 → インフレとの戦いからデフレとの戦いへ
  • 長期金利 → 潜在的なインフレ率や成長率を反映する
  • 信用力と金利の関係 → 社債金利は、市場がデフォルトの確率を探る中で決まっていく
  • 信用格付と金利 → 格付けと利回りは比例関係をもつ
  • 債券価格と金利 → 債券価格と金利は逆の動きをする
  • 単利と複利 → 長期になるほど複利が有利

株式の基本

  • 金融における株式の意味 → 株式は景気の鏡
  • 利益と株価(PER) → 株価は企業の生み出す利益によって決まる
  • 純資産価値と株価(PBR) → 株価は企業の純資産にも左右される
  • 株価指数とは → 日経225とTOPIXが有名
  • 株価と金利の関係 → 景気を通じて相互に影響を与えあう
  • 株価と信用力の関係 → 株価の動きから企業の倒産確率も計算できる

為替の基本

  • 為替とは → 異なる通貨の交換取引
  • 資本取引の影響 → 金利の高い国の通貨は積極的に買われ、価格が上昇していく

需給と流動性、ボラティリティー

  • 金融市場における需給の影響 → 需給要因で金利が跳ね上がることもある
  • 流動性とボラティリティー → 売却のしやすさと価格の変動性も価格を左右する

グローバルな市場の連動性

  • 小さく、一体化した世界 → 米国と連動する日本と欧州の金融市場

実体経済と金融市場

経済の仕組み

  • GDPの比較 → 米国の大きさ、中国の存在感に着目する
  • GDPの構成要素 → 民間消費や投資、政府支出に分解できる

経済の見方

  • 日本の経済指標 → 「景気動向指数」と「日銀短観」に注目する
  • 米国の経済指標 → 雇用統計が最重要
  • 中国の経済指標 → 経済統計が整備されていない厄介な大国

金融市場は実体経済の動向をどのように反映するか

  • 株価が経済指標の悪化を予言する? → 市場は将来予測の場
  • 予測の自己実現 → 市場が会社を潰すこともある
  • バブルと大暴落 → 株価の変動そのものが景気に影響を与える

経済の長期的な動向を左右するもの

  • 経済の長期的な成長を決める要因とは? → 「労働人口の増加」と「生産性の向上」
  • 生産性とは何か → 技術革新と経営管理の向上が生産性を上げる
  • 生産性と株価 → 株式市場は生産性の向上も反映して上昇する
  • インフレと長期金利 → 望ましいインフレ率は1~2%程度

デリバティブとその他の金融商品

デリバティブの種類と特徴

  • デリバティブとは → 効率的なリスクヘッジを可能にする道具
  • 先物 → 先の日付で取引するため、少額の証拠金だけで売買できる
  • スワップ → 7京円の市場規模をもつ、キャッシュフローを交換する取引
  • オプション → 利益だけを得て損失は回避できる取引

ファンドと投資信託

  • 投資信託とは → 一般投資家に向けた代表的なファンド

証券化商品

  • 証券化とは → 一定の担保資産から複数の証券を生み出す金融技術
  • 証券化のメリット → 柔軟な投資を可能にし、多くのプレーヤーに利益をもたらした

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く