飲食店 サービスパーソン必読の一冊「愛されるサービス」の書評

1092viewsNoFood NoLifeNoFood NoLife

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛されるサービス

新川義弘この名前をご存じだろうか?
飲食店でサービスをしている人間であれば知っておかないといけない
知らなきゃモグリと言われても仕方がないほどのビッグネーム。

その名も新川義弘

[2005年、株式会社HUGEを設立2006年4月、銀座にファインダイニングレストラン「DAZZLE」(ダズル)を、同月には吉祥寺にスパニッシュイタリアンのカジュアルレストラン「cafe Rigoletto」(カフェ リゴレット)を出店後、現在に至るまでリゴレットブランドとしては仙台を含め7店舗の運営に至る。2009年8月に新業態となる和食店舗「新」(アラタ)を六本木ヒルズに出店。2010年10月には日本橋に「“D”brasserie & sweetroom」の出店している。

]

新川さんは、現在飲食店のオーナーとして活躍しながら
次世代のサービスマンを育てるべく講師としても活躍しているそうです。

「いつか新川さんみたいになる!」と目標にしているサービスマンも多いと思う。
そんな新川さんは伝説のサービスマンである。
彼を一躍有名にしたのは2002年にブッシュ元大統領が来日した際に
小泉首相との会食の場での接客である。
新川さんは、インフォーマルな場での食事というのを把握し
VIP2名に対して、気さくに接客を行った。
それをブッシュ大統領は感心して、後日アメリカ大使館から感謝状を貰った。

彼にはほかにもいくつも伝説があるのだが、それは本に詳しく掲載してあるので
そちらを参照していただけたらありがたい。

第2章で述べられている
・アンティシペイション(事前予知力)
・リコグニション(顧客認知力)
・オペレーション(運営力)
この3要素がこの本のメインだと言ってもいいと思う。
接客を行うにあたり、必要な要素を分りやすく
実例と共に記してあるので、とても参考になる。

これは何も、飲食に限らず対人サービスに関わる者であれば
だれでも身に着けておきたい能力だろう。

サービス力を今後高めていきたい人にとっては必読の一冊。

感想

<目次>
1.サービスの基本はフィフティ・フィフティ
2.お客様に感動を与えるサービスの三要素
3.サービスが行き届く店は何が違うのか?
4.お客さまがまた来たくなるサービスとは?
5.サービスのプロ集団を育てる
6.とっさの時のリスクマネジメント

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く