デベロッパー向け「iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド」の書評

1310viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド (Smart Mobile Developer)

無料配布のスマートフォンアプリで何とか課金して一儲け(マネタイズ)を企むデベロッパーにオススメ

iPhone、Android、Amazonのアプリケーション・マーケットプレースで用意されているアプリケーション内課金の方式の説明と、実装に役立つ豊富なサンプルコードがある。
広告表示やアフィリエイトではなく、アプリケーション内課金APIに特化している点が本書の特徴。
冒頭では、Apple App Store (iPhone)、Google Play (Android)のアプリケーション・マーケットプレースの特徴が簡単に説明される。
次に、両マーケットプレースで共通しているアプリ内課金のパターン(4種類)と、それぞれの特徴が説明される。ここまでが、実装に先立つ概説の部分となっている。
以降の各章では、それぞれのマーケットプレースごと、課金のパターンごとに、特化した部分の説明、具体的な実装・サンプルコードの解説が順次なされていく。
なお書名からはわからないが、Amazon (Kindle) の課金についても一部情報がある。

第1章 アプリ内課金の概要

Apple App Store、Google Playの現状の機能、運用ルールなどを簡単に解説。

第2章 アプリ内課金の成功モデルと3大課金モデル

アプリは無料配布するがアプリ内で課金するフリーミアム型課金モデルの優位性を解説。
またApple App Store、Google Playに共通している課金モデル(パターン)を解説。

第3章 iPhone アプリ内課金(In-App Purchase】の概要

第2章でパターン化した課金モデルがiPhoneの場合には具体的にどのような方式、実装になるかを具体的に解説。

第4章 Android アプリ内課金の概要

同様にAndroidの場合を解説。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く