成功する人は、1秒前に「気づいて」いる!「気づく」技術5つのステップ

6156viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
「気づく」技術

ウォームアップ Warm Up

「気づく」ことで、成功スイッチが入る

  • 「自分を疑う」ことが「気づき」の第一歩
  • いつも「何かに気づいてやろう」と思って生きる
  • 不満を忘れて、ハプニングを楽しむ
  • 「語れるレベル」までディテールを意識する
  • スピードを上げて、感覚で気づいていく
  • 「役に立たない」「関係ない」と思うことから考える
  • 何もしないリスクもある
  • 「気づき」の感度を鈍らせる「仮面自分」
  • 「当たったためしなし」にチャンスあり
  • 思考というハンドルに“遊び”を持たせる
  • 「これは覚えておこう!」と記憶のスイッチを入れる
  • 恥をかいても死ぬことはない
  • 旗印は「数字」ではなく「理念」にする

ホップ Hop

日常を変え 「気づける体」をつくる

  • あえてやらない。あえて行かない。あえて選ばない
  • リズムを変えて「会社脳」から抜け出す
  • 目覚まし時計で「感覚」を鍛える
  • カーテンを開け、1日を俯瞰してみる
  • 「寄り」と「引き」で世間をザッピング
  • デートでは「割り勘禁止令」
  • ランチのメニュー選びは「気づき」の練習
  • メディアに“ファイティングポーズ”
  • 「ぼんやり」をディテールに落とし込む
  • 記憶は「量」にして覚える
  • 企画とは「妄想」である
  • アイディアを生む「何気の臨戦態勢」
  • 小さな気づきが身を助く

ステップ Step

「気づける人」になるためのツール&テクニック

  • アイディアが浮かばなければ、走れ
  • ツイッターは「読まない」でのぞくだけ
  • 映画を観て「発見脳」をつくる
  • 旅行は、そこでしか味わえない“気づき”の宝庫
  • 緊張せずに「緊張感」を持つ
  • タイムテーブルは「円」ではなく「球」をイメージ
  • スケジュールは“管理する”のではなく“管理してもらう”
  • ツッコミを入れる「自分新聞」で原点回帰
  • 評価されるかされないかは、タイミングひとつ
  • 会議中に考えようとしても手遅れ
  • 「◯◯デビュー」は早いほうがいい
  • 僕がプラスチックの名刺を使う理由
  • 「振り幅」は大きければ大きいほどいい
  • リサーチをすればするほど「同じもの」になる
  • ヒットの決め手は「これじゃなきゃ、やるの嫌だ」
  • 企画は合気道である

ジャンプ Jump

「気づきの感度」をさらに高める15の鉄則

  • “気づきメーター”を限界まで振り切る
  • 右向け左
  • 「登場感」と「第ゼロ印象」を大事にする
  • 何でもかんでも覚えるのは、覚えていないのと同じ
  • 話にタイトルを付ける「要するに力」と「たとえ力」
  • 人に覚えてもらえるのは「1個」だけ
  • どうでもいいことをどうでもいいことで終わらせない
  • 「ありそうでなかった」に気づけるかどうか
  • ヒットしているものの「共通項」を探す
  • 「灯台もと暗し」と「そもそも論」は企画の突破口
  • 「映像化」することで妄想力は高まる
  • 「面白さ」の理由を分析する
  • 自ら仕掛けをつくり自分をはめ込む
  • 一石「多」鳥で考える

ゴール Goal

「気づき」で、あなたの人生が変わる

  • 逆手に取る、自分を追い込む
  • 頼るべきは、数字ではなく「肌感覚」
  • 「モトを取る」意識が、目には見えない価値を生む
  • あえてルールや制限で自分を縛る
  • 常識や思い込みを捨て「振り絞る」
  • 「あきらめる」=「明らかに見極める」
  • 考え方の“背骨”をブラさない
  • 気づいたら、行動せずに考える
  • 「根拠なき自信」でリスクに打ち勝つ
  • 自分なりの「幸せ定規」を持つ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く