中谷彰宏金言集から厳選名言を紹介!

6030viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
中谷彰宏金言集

声に出して、2回読むと、深い意味に気づける。

  • 人生は、成功するようにできている。
  • あなたは1度、夢の実現したゴールを見ている。私たちの人生は、ゴールからの回想なのだ。
  • 「万事休す」と書いて、「栄光の瞬間」と読む。
  • アメリカの刑務所に行くと、前科何犯という人が、将来の夢を語る。私たちは、夢から降りるのが早すぎるんじゃないか。

信長や曹操が凄いのは、若い頃の負け戦が多いことだ。

  • 25メートル泳げれば作家になることも、億万長者になることもできる。
  • ちゃんと言ってますか? 「ありがとう ございました」こんなふうになってませんか? 「ありがと やんした」
  • 嫌いな人にだけは、グチは言わない。好きな人にだけは、グチは言わない。自分にだけは、グチは言わない。
  • なかなか夢が実現しないのは、神様がくれた「ちょうどいい待ち時間」
  • 最高級の霜降り肉も、次の日のすき焼きの肉のかけらにはかなわない。

たまに熱湯を流せば、心のパイプは詰まらない。

  • 南方熊楠は、投獄された刑務所でも新種の粘菌を発見した。
  • チップを渡しそこなったら、追いかけて行っても、渡す。
  • ピアノは、叩くのではない。指をおろすだけでいいのだ。
  • 人間の魅力は、古本屋の本棚のようなものだ。あんまり整理されていると味もそっけもない。
  • あなたの人生は、移動ですか、旅ですか。移動の人にはマイナスの回り道も、旅の人には、楽しみになる。
  • 使うことで、人も機械も長持ちする。車の中でタクシーが、一番長持ちする。

初対面の相手に猛獣がかみつくふりをするのは、様子を見るため。人間もまた同じ。

  • 年賀状は、照れ屋のための敗者復活戦。
  • 優れたアイデアは、必ずメモ用紙のないところで閃く。ワイシャツの袖にでも書かないと、巨万の富を失うことになる。
  • 大阪人にとっては、怒ることは度量のなさを示す恥ずかしいことだ。ヤクザですら、ギャグで脅す。
  • 60歳の人だって、トキでいえば15歳。
  • イルカには、人を癒やす力がある。夢にイルカが出てきたら、病気は治る。

バンクス松のタネは、山火事の時にだけ飛び散る。人生にも、山火事が必要なのだ。

  • 「わかってくれない」とこぼす前に、あらゆる手段を使って伝えよう。電報を打て。

ブルック・シールズが来日した時に言った。「写真を撮らせてくれとさんざん言われたけど、一緒に遊ぼうと誰も誘ってくれなかった」

  • あんなに苦しい思いをしてお産をしたのに、もう次の子供の話をしているから、女性にはかなわない。
  • 成功の多い人より、失敗の多い人のほうがモテる。
  • 眠れない夜は、羊を1匹持っている、羊を2匹持っている……と数えるのだ。

風邪を引くことは、幸せです。愛する人の風邪のつらさがわかるから。

  • 海では溺れるよりも、体温が下がることで死んでいく。絶望が体温を奪い、希望が体温を上げる。
  • 仕事は、ケン玉のようなもの。手首ではなく、ヒザが勝負。
  • 人生は便器のようなもの。触ってみれば、陶器だとわかる。

グライダーのような生き方もいい。

  • 草野球で、フォアボールを選ぶことほどつまらないものはない。人生においては、ホームランか三振しかないのです。
  • 人生は、電話帳だ。早く目的のページを開こう。「ア」から読んでると、たどり着く前に「シ(死)」で終わる。
  • 才能は、お酒と同じ。時間をかけて腐らせたものが、人を酔わせる。
  • ヒゲを剃っているのではない。精神統一をしているのだ。
  • 自分の余命を知った人は、限られた財産と時間を人のために使うようになる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く