大学4年で1万冊以上の本を読破した千田琢哉が本から学んだことを紹介した「人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。」

15851viewsJackJack

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

はじめに

大学4年間で1000万円分、1万冊以上の本を買い、
すべて読破したという千田 琢哉氏の著書です。

以下響いた言葉をまとめさせていただきます。

ポイント

・お金持ちを目指すより時間持ちを目指す。
結果として読書する時間持ちは、お金持ちにもなりやすい。

・読書家に貧乏人がいないことだけは確か。
貧しいときこそ本をかって知恵への投資をするべき。

・他人に嘘をついても自分に嘘をついてはいけない。
2回立ち読みした本を買うのは自分に正直になる事。

・人間関係の悩みは読書にとってこの上ない贅沢なチャンス。
悩み事が多い人は沢山読書できる幸運の持ち主だ。

・人間の脳はあなたが考えている以上に偉大。
どんなに乱読しても睡眠中に情報を整理整頓してくれる。

・人生は勘違いしたもの勝ち。
勘違いし続ける事がその人の才能だ。

・人生から「ありえない」をなくしていくことが大人の勉強。
大人の勉強のライバルは、子供時代の自分。

・講演を目標にすると成長は早い。
読書・仕事・講演がすべて善のスパイラルを生み出す。

・自分の好きなことをとことん極めようとするだけでいい。
ついつい専門的なことを勉強しているあなたがいる。

・つらいときに群れるな、本を読め。

・この世に本がなかったら、僕はとっくに死んでいた。

感想

今日久しぶりに本屋に行きました。
本を読むのは元々好きなのですが、
この本をなんとなく立ち読みして心がぐわっとなった。

久しぶりに読書で熱い気持ちにさせていただきました。
なのでいままでやりたかったブクペまとめなど、
早速挑戦しています。

読書のあり方を実感した1冊でした。
間違いなく私の人生の節目の1冊となることでしょう。

『つらいときこそ本を読め!』
『未来は予習できる!!』

この著者の一言に響いた人は、
ぜひ1度読んでみるべきでしょう。

ありがとうございます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く