これを実行すれば月6万円らくらく節約できるかもしれない節約術

3669views鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介

このエントリーをはてなブックマークに追加
必ず月6万円節約できる本―今日からできる生活防衛336ポイント

不況の世の中。これを実行すれば月6万円らくらく節約できる。かもしれない解説書。

これはケチか節約か。ここまでするか! という節約術もあり

家計のスリム化は食費のやりくりから

買い物での節約

  • お米は籾殻のついたものを買う。
  • スープは野菜クズで作る 。
  • ツナ缶のオイルで卵焼きを焼く。
  • 外食はしない。←結論
  • お食事券は懸賞で当てる←当たること前提らしいです。運の悪い人は、はがき代で散財しそうですが・・・。

他にも、なかなかすさまじい買い物術の数々です。
懸賞ってそんなにホイホイ当たるものなのでしょうか・・・。ちょっと疑問に思う部分もあり。

コツを掴んで公共料金の大幅節約

  • 使わない電気器具に繋がっているブレーカーは下ろす。
  • 夜はコタツにかけていた布団で寝る←ぬくもりが残っているうちに。

ここまですれば、今年の冬の節電も安心です、というような節電方法も満載。
電気料金などを節約するには、便利に抗う、というのが基本のスタンスです。

日常のこんなちょっとした工夫でも大節約

  • トイレは外ですませる←ケチと言われても、気にすることなかれ・・・。
  • ショートカットにすれば、シャンプー代も節約できる。
  • パイナップルの頭を観葉植物代わりにする

エプロンや雑巾など、作ることのできるものは、できるかぎり手作りで、が基本。
観葉植物は買わないで、パイナップルの頭を、というのが素晴らしい発想です。うまくいけば、再び実がなるかもしれませんしね。

お金をかけずに楽しく遊び、カシコク学ぶ

  • 新聞紙を取り替えて様々なプレゼントを貰う。←新聞の新規契約では、様々なプレゼントを用意してくれているもの。遊園地や野球のチケットがもらえる場合もあり。
  • チケットショップを利用する
  • 海外旅行に行ったら、安くて多い日用品を買ってくる←海外旅行に行ってまでこれで、楽しいのか、と思ってはいけません。考えるべきことは、海外に行ってもつねに節約です。
  • 感想

    節約というよりもただの吝嗇なのでは、と思う方法もあったりで、なかなか興味深く読めました。私には無理かな、無理だな、という節約法も多くあり。全て出来たら月6万円浮くようですが、現実にはなかなか難しそうです。懸賞に応募しても当てることが前提ですし。そりゃあ、無理だろうという。懸賞で当てるということを、節約法とするならば、狙った懸賞を当てられる方法も書いて欲しいです。
    「髪はショートカットにしてシャンプー代を浮かせる」というのは、もう節約術というよりも、ネタではないかと……。まずもってこの本に書かれている全ての節約をするには、けちといわれるのを怖れない心が必要です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く