ビジネスに効く200冊からイイとこどりな仕事の進め方!

8448viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
「結果を出す人」の仕事のすすめ方

アクションリストをつくる5つのルール

1.本は、仕事の道具である
 「読む」のでなく、「使う」
 必要なところだけ使えばいい
2.本は、他人の経験から技を盗む場所である
3.本には、時限爆弾が仕掛けられている
 投資しているのはあなたの時間とお金
 制限時間を決めて投資して、先人の知恵から学んだ答えとして回収する
4.本は、素直に学ぶ者だけに価値がある
 知っている人が、何が自分に足りないかを学ぶ材料として読むべき
5.本は、あなたのアクションプラン
 結果は行動したもののみが得られる。

目標を達成したいなら、とにかく始める

・先人の知恵の詰まった本を参考にして、ひとつアクションしてみる
・残り5%に手を抜かない

先人の知恵の詰まった本から、定石を学ぶ

1.考え方を変えて取り組むこと
2.仕事のフローを見直すこと
3.効率のよい道具を使うこと
・目先の効率ばかりに目を奪われない。
・最終的に何をしたいかを意識する

解決できない問題はないと信じる

・何が問題なのか、つまり問題点を見つける視点を得る
・複数の視座、複数の立場の人から見て、全て納得のいく答えを見つける
・必要なのはやる気だけです。

良い人間関係は自立の精神から生まれる

・自分の行動ルールとその成功パターンを把握する
・コミュニケーションのギャップを埋める一番の方法は同じ釜の飯を食う
・リアルなコミュニケーションとメールなどを併用する。
・情報を開示すること、それを伝える仕組みを持つ
・関係性に応じて、連絡する頻度について十分意識する
・言葉の力で、モチベーションは大きく左右する。
・楽しむこと、巻き込むこと

良いアイデアは良質なインプットから

・インプットには読書が最適
・面白いと思った箇所には付箋を貼っておく
・新しい組み合わせに変える
・芯となる軸をくずさない範囲で遊びを入れておく

新しい時間管理の方法を取り入れてワークスタイルを追求しつづける

・何の単に時間を使いたいかを意識する
・コスト意識を持った上で判断していく
・進化した技術をうまく使えばパフォーマンスも改善される。

結果を出したいなら、すぐにやる

・すぐやることが結果出すための一番近道
「自分の抱えている問題がいつか消えると期待してはいけない」
「魔法使いが魔法をかけられるのを待っていてはいけない」
「自分の置かれている状況を他人のせいにしてはいけない」
「自分の望みを叶えられるのは自分だけ」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く