あなたはセブン・イレブンのマークで最後のNは小文字だったのは気がついただろうか?

1579viewsHIMHIM

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

あなたはセブン・イレブンのマークで最後のNは小文字だったのは気がついただろうか?

上記のような普段全く気が付かないようなことに気がつく視点を磨くのがこの本の狙い。
我々は、関心のあるもの、自分にとって必要なものだけを見るようにできている。
ものを見る力を磨くには、自分に見えていないものがある、分かっていないことがあるという意識が大事である。
現象を見て、関心を持ち、こういうことじゃないかと仮設を立て、それが正しいかを検証する。(筆者は、客の立場に立っているのかという面で企業などのサービスを評価する。)
プロはその分野に対して仮説を持っている。そのため、必要な数字や記事が自然に目に飛び込んできて、普通の人には見えないものを見ることができる。そして、見えるからさらに突っ込んだ仮設を立て、さらにものが見えるようになるのである。
興味のない新聞や雑誌も目を通し、幅広いことに興味を持つ。→無理やりにでも、関心を持つように自分を持っていく。

感想

色々なものに関心を持て!それについて仮説を立てよ。それを検証して違っていたら、他の仮説を立ててみよ。ということが発見力つまりものを深くとらえる力をつける訓練になるということが書いた本であった。これまで気がつかなかったことが満載で勉強になった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く