橋下徹に学ぶ!人を動かす9つの「説得」の極意

5296viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、橋下徹の言葉は人の心をつかむのか?

橋下徹が人を動かす説得ができる9つの理由

1.できるだけ「過激な表現」を心がけよ

 ・過激な表現のほうが相手に与えるインパクトが強い

2.強調すべき点は「何度もリフレイン」せよ

 ・人を動かすときは、同じ語句やセリフを繰り返すリフレインが効果的

3.「比喩」を駆使せよ

 ・何かにたとえる比喩は直感的に物事を理解させ、相手インパクトも与えやすい

4.訴えることは「ひとつ」に絞れ

 ・説得するときには一点にだけ焦点を当てて、そこだけをアピールする

5.「わからない」ときには、「わかりません」と言え

 ・信用されたいなら、確信を持てないことは口にしないほうがいい

6.あえて「感情語」を交えよ

 ・気取った言葉では、人の心は動かせない
 ・きれいな言葉だけでは、人の心は揺さぶれない

7.「恐怖心」を煽れ

 ・恐怖を与えるのは、心理学的にも人を動かすのに非常に有効な手段

8.「念には念を入れる」クセをつけろ

 ・「こちらの伝わっただろう」は相手に全く「伝わっていない」ということはよくある
 ・しつこいくらいに確認をするとうまくいく

9.人は「見た目が9割」と心得よ

 ・見た目に気を配らない人間が高い評価を受けることは絶対にない!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く