教えるためのヒントを「ココロでわかると必ず人は伸びる」より学べ!

3330viewsbookman1982bookman1982

このエントリーをはてなブックマークに追加
ココロでわかると必ず人は伸びる

教育

・ティーチング…教えること。させる、指示、強制、フォース。教育の「教」
・コーチング…相手と同じ立ち位置で相手の能力を引き出すサポート。指し示す、導く、エンパワーメント。教育の「育」

★ティーチングとコーチングはどちらも必要。

人に関心を抱かせる話し方

■話は、聞き手にとって強い関心のあることを入り口にする。まず相手の心を知り、それをつかんでゆさぶること。

■壁を突き破る過程、敵がいて、苦労して、その末に勝ち得たドラマにこそ、人は共感し、感動できる。それこそが面白い話。何の問題もなくスイスイできあがった話には何の共感もできない。

■話の順序に細心の注意を払う

■演出にパラタイムシフトを用いる
パラタイムシフトとは、パターン化した視点がガラッと転換すること。
 ・無意味から意味付加
 ・複雑から単純
 ・見えないから見える

○堅苦しい話かと思わせておいてくだけたお笑いで興味をそそるファン・パラタイムシフト
○興味を抱かせるためのインタレスト・パラタイムシフト

■感情を共有する。そのためには相手のことをまるで自分ごとのように、相手に感情移入する。

■喜怒哀楽をハッキリ示す。

■話すときは、なるべく疑問の形で語りかける。

肯定打ち消し法

言ってしまった言葉は否定せず、そこまで言わせた本心を説明して打ち消す。
「なんでこんなことひどいこと言うたかわかるか?お前のこと心配してるからワザと言うたんや。次からはこんなこと言わすな」

あとよしの法則

褒めるときも注意するときも、長所と短所をワンセットで、その際、強調したい言葉を後半に置く。
「企画をやらせたときはヒヤヒヤさせられたけど、逆に今月の営業はよく頑張った」
「この前のレポートは素晴らしかったのに、今日はどうした?」

★2つの選択肢がある場合、orで考えるのではなく、andで考え、両立させるにはどうすれば良いかを考える

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く