トークや会話術とは違う!雑談の5つのルール、基本マナー

7663viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール

概要

「沈黙は怖い。でも雑談は苦手」な人が増えている。

トークや会話術とは違う、雑談の5つのルール

ルール(1) 雑談は「中身がない」ことに意味がある。

ルール(2) 雑談は「あいさつ+α」でできている。

ルール(3) 雑談に「結論」はいらない。

ルール(4) 雑談は、サクッと切り上げるもの。

ルール(5) 訓練すれば誰でもうまくなる。

雑談の基本マナー

  • 目の前の相手の、「見えているところ」をほめる。
  • 「内容」よりも「行為」に意味がある。
  • 「いや」「しかし」はNG。まずは肯定・同意から。
  • 口下手でもできる、相手の話に「質問」で切り返す術。
  • 雑談のベストバランスは、相手8対自分2。
  • 「で、何の話をしてたんだっけ?」が理想形。
  • 切り返しは、相手の言葉の中にある。
  • 雑談にオチはいらない。『すべらない話』でなくていい。
  • 机とコーヒーカップがあるだけで、一気に話しやすくなる。
  • 一問一答は拒絶と同じ。「一問二答以上」が返しのルール。
  • ベストタイムは、すれ違いざまの30秒。
  • 「自意識」「プライド」のハードルを下げると、ラクになる。
  • 日常生活のトラブルは、絶好の雑談チャンス。
  • 悪口は、笑い話か芸能ネタにすり替える。

雑談の鍛え方・ネタの仕入れ方

  • 相手との「具体的なフック(共通点)」をひとつ見つける。
  • あの人にはこの話題。『偏愛マップ』で鉄板ネタを把握する。
  • 今が旬のリアルタイムな話題は、仕入れたらすぐに使う。
  • 日々の疑問は、そのまま雑談ネタになる。
  • 雑談の練習相手に最適なのは、赤ちゃん、ワンちゃん、オバちゃん。
  • 困ったら「アメちゃん」。自分のコミュニケーションツールを持つ。
  • 「誰々が言ってた話」も、有効なネタになる。
  • タクシーは雑談ネタの仕入れと練習ができる、最高の場所。
  • 年代別「鉄板雑談キーワード」をチェック。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く