大切な人に接するように自分と向き合う方法

1652viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
夜を変えれば奇跡がどんどん降ってくる

寝るまでの時間をポジティブに過ごすことで
幸せになれることを知れば
今までのようにダラダラ過ごすことがもったいなく感じるでしょう。

潜在意識は日中も働いているが
意識の邪魔が入らない眠っている時間が最も活動している。
朝起きた瞬間、パット出てきた考えやイメージがあれば、
それは正しい答えの可能性が高い。

自信を持つと
自分のやる事成すことすべてを信じることが出来るので
人から何を言われても気にならなくなる。

どんなことが起こってもポジティブになれるコツ
悪いことが起こったら、もっと悪いことと比べ、
良いことが起こったら、さらに良いことを思い浮かべる。

心がむなしい人は、部屋の雰囲気もさみしく、殺風景。
素敵なインテリアや花を置こうという気にもなれないので
がらんとした部屋になる。

物を溜め込む人は心配性
使われないモノ達からネガティブなエネルギーが発せられるようになる。

恋人がいても部屋はあなただけの空間
本当に素敵な恋愛をしたいなら、
まずは自分自身を大切にして、自分のペースで彼と付き合うこと。

インテリアは計画を立てず、思いつきで変える
イスを置いたら部屋が狭くなる、今あるものを整理しないと、と
様々な考えがよぎっても、無視してください。
購入してしまえば、イスが似合う部屋に変えたくて仕方なくなるはずです。
その結果、いらない物を思い切って捨てることが出来たり
イスに合うテーブルを買ったり、どんどん自分好みの部屋に変わっていく。

ネガティブな気持ちを引きずって寝てしまうことほど、
悪い事はありません。
寝ている相田に嫌な出来事を宇宙から引き寄せてしまいます。

自分に優しい言葉を掛けた位じゃ怒りが納まらない時は
誰も居ない場所で大声で文句を言いましょう。

布団に入ったら深呼吸をして見ましょう。
鼻からゆっくり息を吸って
充分に吸ったら3秒息を止める
そして口からゆっくり息を吐く。
この深呼吸を10回すると
体中に酸素が十分に行き渡るので驚くほどリラックスできる。

宇宙は何でも肯定してくれるので
「何をやっても無意味」と思っているなら
宇宙も「そうですか」となる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く