相手に全然響かない重厚長大なプレゼンを作りがちな人にオススメ!「面白いほど通るプレゼン作成術」の書評

1828viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対!伝わる図解  面白いほど通るプレゼン作成術

自分の思いばかり出過ぎて、相手に全然響かない重厚長大なプレゼンを作りがちな人にオススメ。

まずプレゼンを作る自分のゴールを4W(誰に、何を、いつ、なぜ)ではっきりさせ、次に伝えたい相手のゴールを5W2H(2H:どのように、いくらで)で予想し、相手ゴールを尊重しながら自分ゴールと「かけはし」で繋げながら、相手に対して説得力があり自分の思いも伝わるプレゼンを組み立てていく手法を解説。
相手のゴールを予想するさいに5W2Hのどれを重視するか順位付けし、相手が右脳タイプ・左脳タイプのどちらの性格であるかザックリ判定してから性格にあった順序でスライドを並べるなど工夫が感じられた。
手法を1枚にまとめた図5「伝わる図解」設計図(ワークシート)と、その近辺の解説はそのまま実用になりそう。
なお途中に、コロンブスがスペイン国王にZIPANG発見プロジェクトを提案するという仮想プレゼン事例があり、これが地味に面白かった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く