どのようにマジックの技術で人の心をうまく誘導するか

1039viewsmeikphmeikph

このエントリーをはてなブックマークに追加
カリスマ手品師(マジシャン)に学ぶ 超一流の心理術

目次

MAGIC1 超一流のマジシャンはどうやって観客の心をつかむのか?
MAGIC2 最高の自分をもって場にのぞむ
MAGIC3 聞き手に信頼と好印象を与える
MAGIC4 相手の心理を自在にあやつる
MAGIC5 相手の気持ちを引きつけて離さない
MAGIC6 相手の状態や頭の中をスパっと見抜く
MAGIC7 会話を思い通りの方向に導く
MAGIC8 相手の視線や興味を思うままにあやつる

興味深いセンテンス

エクササイズ3 動く前に考える練習をしよう

  • ① 机の右側にあるペンを持ち、そのペンを机の左側のどこか適当な場所に置く
  • ② ①と同じ動作をするがどこに置くのかをすべて頭の中で決めてから動く

①と②では②のほうが動き始めてから終わるまでの動作がスムーズに行える。
こういうことを訓練することで常にスムーズで自身のある身のこなしができるようになり、人から信頼を得ることができる。

エクササイズ12 相手の心の動きを予想しよう

  • 少し離れたところにいる人を観察し、その人が何を見ているか、またその人の立場であればどんな反応をするか考える。
  • 対象の人が見えなくなったら終了し、次の対象を探しエクササイズを続けていく。

ここではあくまで遠くにいる人の心理を対象にしているが、エクササイズ13,14で近くにいる人の心を見抜くためのエクササイズがあり、あわせて訓練していくことでより他人の気持ちを理解できるようになる。

MACIC7 思い通りの言葉を相手から引き出す秘密の話法

マジックワードを使う

  • 「◯◯して、そして△△してください」
  • 「それとも・・・・・・?」
  • 「なぜなら・・・・・・」
  • 「内緒だけど・・・・・・」
  • 「運のいいことに・・・・・・」
  • 「◯◯しなければ、きっと△△できませんよ」
  • 「こんにちは、◯◯さん」
  • 「◯◯してはいけない」「◯◯しなさい」
  • 「ご存知のように・・・・・・」
  • 「どれくらい・・・・・・」
  • 「どちらにしますか?」
上記のような言葉は普段よく使っているが、とても強制力があり、意識的に使うことでより効果を出すことができる。

感想

マジシャン、主に舞台でのマジックにおいての技術を普段の生活でどう取り入れるかというもので特にマジックに興味のある人は楽しく読めると思う。若干1対多数における技術が、個人的には使いどころが難しいと感じたが、他にある心理系の本より明確なエクササイズが提示されており、それがこの本のとても良い所だ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く