25歳までに身につけておきたい仕事の習慣、25歳までに何をしなければいけないか

5562viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
25歳までにしなければならない59のこと

第1章 25歳までに身につけておきたい仕事の習慣

  • 仕事には「雑用」と「雑用以外」があるわけではない。「雑なやり方」と「雑でないやり方」の2種類しかない。
  • 伝言メモは、自分用ではなく、「相手の読みやすさ」を考える。
  • 「遅い良い仕事」より、「速い普通の仕事」をする人に、仕事が頼まれる。
  • 「なるべく早くやります」という人に、仕事は頼まれなくなる。「いま、すぐやります」という人に、頼みたくなる。
  • 大きな会社に入っただけで、偉くなったと勘違いしない。
  • 会社からしてもらうのが研修ではない。自腹でしたことだけが、身につく。
  • 何を勉強すべきか探すのが、勉強。
  • 報告書を書くことが一番の勉強になる。
  • 遊びも真剣にやれる人が、仕事を広げられる。

第2章 20代でチャンスをつかむ人チャンスをつかめない人

  • 挙手の仕方の感じいい人が、運をつかむ。
  • チャンスをつかめる人は、大声を出して手を挙げる人。
  • 気合いを入れて、拍手する。
  • チャンスをつかめる人は、何にでも拝む。
  • チャンスの神様に、報告・感謝・誓いをする。
  • 感謝する人が、チャンスをつかめる。
  • 自分の才能は、人のために使う。
  • 言われる前に、「する」。
  • 小さいことをコツコツできる人が、チャンスをつかむ。
  • 「やりたくない仕事」が、「やりたい仕事」につながる。
  • 「好きなこと」イコール「好きな仕事」ではない。
  • なりたい職業になれなかった人が、大成する。
  • やりたいことのない人は、どんなことをやっても、モチベーションが低い。
  • 右肩上がりの成長は、転落する。S字カーブのほうがいい。
  • 平均値なんかと、比べない。
  • 自分を生きていない人ほど、お節介をやきたくなる。
  • 結果を出した人をリスペクトするのが、世界のルール。
  • 「偉いな」と思う時に、学べる。
  • 声を出すことを、恥ずかしがらない。
  • 語らない夢は、夢ではない。
  • 動機は、不純なほうがいい。
  • 子供時代に帰れる仲間を持つ。
  • 「考えてからやる」ではなく、「やってから考える」。
  • 自分を大きく見せようとすると、かえって小さく見える。
  • 明日は、今日頑張ったごほうび。
  • 1勝より、一生。

第3章 25歳までに何をしなければいけないか

  • 「常に変化するんだ」と覚悟していれば、虚しさを感じない。
  • 軸がブレると、チャンスを逃す。
  • チャンスをつかまえるのは、空車のタクシーをつかまえるのと同じ。
  • 「したいモード」と「したくないモード」の2つしかない。
  • 「したくないモード」は、ロック解除ボタンが封印されている。
  • 夢は、ロジックの中から、出てこない。
  • トイレ掃除は、手でさわると、世界が変わる。
  • 成り行きに任せる。
  • 大胆さが、エネルギーになる。
  • 間違ってもいい。後ろには戻らない。
  • 魂を導いてくれるメンターを持つ。
  • 自分を励ましてくれる、テーマ曲を持つ。
  • 姿勢をよくして肺いっぱいに空気を吸う。
  • チャレンジすることで、運気が上がり、ハッピーになる。
  • ジグザグより、渦を巻く。
  • 今日、「私、幸せ」と言う、何人の人に会いましたか?
  • 気が弱っていると、グチを引き寄せる。
  • 今までを否定すると、変えられない。
  • 一番の幸せより、小さな幸せを喜ぶ。
  • 成長は、より小さい幸せに気づけること。
  • 感想

    本が付箋だらけになりました。勉強になる1冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く