燃えよ剣の書評・感想

3366viewsアジアアジア

このエントリーをはてなブックマークに追加
燃えよ剣

悲劇としての新撰組(再訪『燃えよ剣』)

概要

新選組副長土方歳三の生涯を隊長・近藤との関係と共に描いた司馬遼太郎の長編歴史小説。

小説の従来の論評

 結論から言うと、この小説は実は恐ろしい「悲劇」である。
 小説にはむろん様々な読み方がある。これまで新撰組副長に・土方の生き様を描いた本書を肯定的に評価したものが多い。つまり武士として信念を貫き、剣のみで人生を生きた描写を「かっこいい」、「初志貫徹の信念」、「ダンディズム」と形容する論評だ。しかしそれらの論評ではこの小説の重要な側面が捉えられていない。見逃されている重要な側面をこの書評でまとめて論評したい。

悲劇としての『燃えよ剣』

 土方と近藤を突き動かしたのは、幕府が維持してきた超えられないはずの身分を獲得することである。土方は武士にあこがれ、近藤は大名のような権威にあこがれる。百姓出である二人にとって、かつてならば決して手に入れることのできなかったそれ。そしてこの夢を実現するために二人は奔走する。しかし、彼らの奔走は彼らが以前であれば恋い焦がれても超えることができなくさせていた旧支配者たちを助けるベクトル・道筋へとつながっている。

小説の見所:アイロニー

 土方と近藤は、彼らを世代にわたって縛り付けてきた旧支配者とその制度を自分たち自らの手で修復しようとしている。純粋に追い求めれば追い求めるほど、その滑稽さは痛い。このような胸の痛くなるアイロニーを司馬遼太郎は見事に描いている。
 

つまりこの本は坂本龍馬とは真逆にいる農民出の若者を描いたアイロニカルな悲劇である。この小説が奇しくも『竜馬がゆく』の連載と平行して書かれていたことは、司馬遼太郎が両極を描いてバランスを取っていたという憶測を愉しませてくれるエピソードである。その意味で『燃えよ剣』と『竜馬がゆく』を照らし合わせて読むことを強くお奨めしたい。

燃えよ剣

燃えよ剣

  • 司馬遼太郎

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く