男性中心のビジネスで、女性が成功するための女性の知らない7つのルール

4410viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性(あなた)の知らない7つのルール―男たちのビジネス社会で賢く生きる法

男性中心のビジネスで、女性が成功するためのルールを解説。

【ルール1】…「できるふりをする」

  • ときには、自分の思い以上に有能なふりをすることが必要な場合もある。
  • 殆どの場合、失敗のリスクは大きなものではない。
  • もし自分を有能だと思うなら、その有能さを外に見せることもお勧めする。
  • 男性にとって「質問」の意味は、相手より劣ることを認める意味を持つ。

【ルール2】…「自分を強く見せる」

  • 自分の態度を振り返り、上司に頼っているように見えていないか確かめる。
  • 単に自立するのではなく、自立を明確に示す。
  • 男性にとって依存心は弱さを意味する。

【ルール3】…「つらくても継続する」

<仕事を開拓する上で必要な「4つの単純な目標」>

  • 1 人から理解され、好感をもたれること。
  • 2 人にあなたが何をしているか知らせること。
  • 3 人にあなたがその道のプロであると知らせること。
  • 4 人にあなたが仕事を請けたがっていると知らせること。
  • 生活に支障なく、これらの目標が達成できる創造的な方法を見つける。

【ルール4】…「感情的にならない」

  • 人間関係を気づかい、それを育てようとする傾向は女性の強みである。
  • しかし、顧客のことや自分の立場にこだわりすぎて、客観性を失ってしまう危険性もある。

【ルール5】…「アグレッシブになる」

  • 男性的風土の組織では、自分に注目を集めなければリスクを負うことになる。
  • 自分の業績は明確に主張する。
  • 静かに、そして上品に、自分が達成したことを必ず認められるように申し出る。

【ルール6】…「戦う!」

  • 女性は、他人の弱みに付け込むことをためらったり、逆に付け込まれると起こる。
  • もし、敵の弱みに付け込むことが最も手っ取り早く適切な方法であるならば、そこを攻撃してみる。

【ルール7】…「真のチームプレーヤーになる」

  • チームの一員だと認識してもらえる服装は重要である。
  • ユニフォームを着ることは、ハイヒールを履いて男性を喜ばせるのとは異なる。
  • 男性は互いの関係をたしかなものとするためにユニフォームを着用する。だから女性の同僚にもユニフォームの着用を期待する。それは媚びを売るサインではなく、チームの一因であることを知らせるサインである。
  • 男性は互いのメンツを守ることに気を使う。
  • 他の男性が全力を傾けてもどうにもならない場合に女子の助けをよしとする。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く