自分のアタマで考えようとちきりんはこう教えてくれる!

1177viewsb100mb100m

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分のアタマで考えよう

情報を下に考えることと、知識に基づいていることを分ける。

最初に肯定、否定どちらかの考えが浮かんだら何らかの情報に基づいている考えだと疑った方がいい。

意思決定のためにはどうやって結論を下すかが大切

自分が思考していると思っている時間は作業しているだけかもしれない。

情報を見たら、なぜとだから何なの?を常に考える。

その数字が出た原因と、その数字の次には何が起こるのか?意識する。

全ての可能性を検討する

あらゆる可能性を検討すれば、新しい視点が見えてくる。
分解図を使って考えれば、考え漏れは無くなる。

比較する

縦・・時系列で比較する
横・・国際的視点で比較する

判断基準を絞る

判断基準に優先順位をつければ、選択肢が多くても絞れる。
選んだ基準に従って物事を分類していく事で結論を導ける。

思考のレベルをそろえる

レベルをそろえれば、レベルがそろわない理由が分かる

自分独自の判断基準を見つける、それが何か考える

就職活動における企業分析は的外れ、数字の良さと仕事に関係があるか?

アルバイトなどをして自分に合うことを探すことが大切

グラフを使う

自分の考えを言語化した後、視覚化すれば自分の思考の甘い部分が分かり、より突き詰めて考えられる。

情報の価値を考える

その情報から何が分かるか?を考えれば、無駄な情報を追い求める時間を減らせ、考える時間を生む余裕ができる。

感想

いつもブログを拝見させていただいているちきりんさんの本、面白かった。ほぼ一日で読めたが、内容は濃かった。
自分がいかに思考してなかったか気づかされたし、今後どのように思考していけばよいかも学べた。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く