世界初!営業コンサル現場再現方式の『脱二流営業』から、4つの仕事頭の訓練方法まとめ

2144views麻枝けい麻枝けい

このエントリーをはてなブックマークに追加
脱二流営業: この本で、あなたも「生き残る側」の仲間入り

ベストセラー御社の営業がダメな理由(新潮新書)の著者の『脱二流営業』から、コンサル手法をまとめました。(物語風なのでまとめるの難しいのですが)

営業能力を向上させるためには、コンサル手法がもっとも適している
営業コンサルティング現場再現方式です。

二流の定義

1 営業相手を知らない
→組織として”営業相手”を客観的に分析する

2 会社方針に合致していないこと
↑一部の営業成績を満たすだけではだめ

3 自意識過剰の度を過ぎると、上へ上へと目指していきます(結末はイカロスの翼)

番外編 二流営業マンにもなれない「三流営業マン」とは

  • 『現場を経験したことがない人にわかるわけがない』と主張すると、硬直した組織しか作れなくなってしまいます(橋○市長のこと?笑)

  • 営業(仕事)へのモチベーションが低い

二流から脱する方法

基礎を築く「千本ノックと百球投げ込み」

  • 我流の部分を鍛え直すこと
  • 基礎訓練を地道に繰り返すこと
  • 何となく伸ばすのではなく、伸ばすポイントを明確化し意識すること

頭をよくする「脳内筋トレ」

  • 覚え込む力(検索力)
  • 聴き取る力
 相手の言うことがその瞬間に印刷されるように、脳みそに鮮明に書き込みされること
  • 伝えきる力
 心地よい発音と説得力のある文章構成能力。
  • 展開する力
↑自分のセンスが通用しない仕事をしなければならないときが必ずくる、から。

覚え込む力トレーニング方法「フードバック」

 毎日寝る前に二日前に食べた食事をすべて思い出す(中級は4日前、上級は6日前)

聴き取る力トレーニング法「一人ディクテーション」

 新聞の1面コラムを毎日、あたまから「一文」ずつ読んで覚えて、一気に紙に書く。覚えなければ2、3度繰り返して音読して覚える。それをコラム全体をやる。(上級編は社説)

伝えきる力トレーニング法その1「滑舌練習」

 「あ、え、い、う、え、お、あ、お。か、け、き、く、け、こ、か、こ…」を毎朝する

伝えきる力トレーニング法その2「スピーチライティング」(チームで)

 売り込むためのスピーチ原稿(3~5分、1200~2000文字)を毎週、発表会を行う。金曜日に提出、月曜日に発表会。

展開する力トレーニング法「すごい営業会議」108P

(簡単ではないので、本書をお読みください笑)

間違いだらけの営業という仕事

  • 「営業とは自分自身を売り込むこと」は間違い

→「会社、商品、自分」の順に売り込む

  • トップ営業マンのやり方をまねする
→万人に必要な基礎をまず鍛える
  • 門前払いをされても粘る

一流の営業とは、二流の営業とは

二流は「for○○」、一流は「for○○」(詳しくは本文を)

まとめより大切なこと

何度も言いますが、本当に”継続”が成長の鍵を握ります。

感想

いや~面白かった。ビジネス小説のさきがけ「ザ・ゴール」(ダイヤモンド社)のように楽しめました。営業だけでなく、あらゆる種類のビジネスパーソンに、役立つこと間違いなしなので、ぜひたくさんの人に読んで欲しいと思いました。きっとヒットするでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く