英語多読法のポイントまとめ

1803viewshiroshi128hiroshi128

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語多読法 やさしい本で始めれば使える英語は必ず身につく!(小学館101新書)

・ 「英語多読法」は、「英語を英語のまま理解する」練習をします。

・英語を始めたばかりの学習者は、何を読んだらいいのでしょうか? それが、次に紹介する、ネイティブ・スピーカーの子どもや非英語圏の英語学習者向けの「学習用リーダー(読本)」なのです。

・多読を通じて新しい語彙を身につけるには、未知語が全体の5パーセント以下の本でなければいけない、

・① 辞書は引かない ② わからないところは飛ばす ③ つまらなければやめる

・ 辞書を引く場合は、10ページにつき1語以下を目安にするのがいいと思います。それ以上辞書に頼らないと文全体の大意がつかめないのであれば、その本は今のあなたの英語力では難しすぎるのです。

・ニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)の Message in a Bottle (Vision)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く