「聞く」気にならなければ、何もきこえてこない。「聞き上手」になる方法

6856viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
「聞く」基本の基本―ビジネスマンの常識UP講座

※1章の部分だけ

「聞き上手」になるための5カ条

1.話の腰を折らず、最後まで聞く
2.共感できる点を探しながら聞く
3.うなずいたり、あいずちをうったりしながら聞く
4.上下関係に囚われず聞く
5.あらかじめ自分の正解を持って聞かない。

聞くはなぜ大事か

「聞く」が上手。相手を受け入れられ、いい人間関係を形作ることによって仕事もスムーズに運ぶ。
相手の「話したい」を自分の「話したい」で封じるのはダメ。
伝達の基本は「理解→納得→アクション」。相手の「理解→納得→アクション」を促すため「話す」または「書く」。
「聞く」は「口を閉ざす」ではなく「耳を傾ける」積極的でポジティブな行為。
「聞く」ことと、「話す」、「書く」ことは表裏一体。

聞くことのメリット

1.協力者をつくることができる。
2.自主性を引き出すことができる。
3.風通しのいい職場をつくる
4顧客の真のニーズを発掘する

聞き上手は仕事好き、人間好き

周囲の人や物事にたくさん興味をもつ。
「聞く姿勢」が自然にできる。
仕事も楽しくなっていく
話し上手より聞き上手。聞き上手より話させ上手。

共感をもって話を促す。

嘘をつかない、相手と異なる部分は伝えた上で、共感できる部分を探し共感する。
「私は○○なんですが、××さんはどうですか?」

自分の正解をもって話しを聞かない。

聞き下手の典型「批評したがり」。

「批評したがり」は相手の意見を圧殺する。批評したがりは損をする
1.相手も自分の意見を共感しようとしなくなる。協力者が表れにくくなる。
2.大事な情報を聞き逃してしまう
3.誰も情報を伝えようとしなくなる。

話しづらくなる聞き手の態度

  • 何だよこの忙しいのに(表情にあらわす)
  • 何やってるんだよ(詰問口調)
  • 迷惑そうな顔を相手に向ける
  • しかめっ面、厳しい表情で相手を見据える
  • 相手に話をさかせるように、せわしなくうなずく、あるいはうなずきもしない。
  • 無言
  • 「なんだよ、早く言えよ」と催促する。「要するに何がいいたいの」とせっつく

聞き上手になるために

  • 聞くに集中する。集中できないときは、集中できる時間を伝える。
  • 聞くによって人は成長する。質問は知恵を得る最良の手段。

1.自分は何も知らないのだ、という謙虚な気持ちが「質問」のベースである
2.知らないからこそ「質問」によって知恵を得ようとする向上心が生まれる。
3.仕事の場は「質問」の機会を提供する場である。
4.「質問」する意欲をなくした人は、それ以上の成長が望めない。

感想

聞くことのメリットや効用に関する1章が秀逸だと思った。
小手先のテクニックでなく、相手を理解するという気持ちがないと聞けないし、聞くことは聞く本人にとってもメリットがある。人と会話をするとき、自分の中の正解に拘ってあまり聞けてなかったのではないか、私に意見を言いづらい雰囲気になっていたのではないかと反省した。
素直になって相手の言う事をちゃんと耳を傾けようと思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く