お米マイスター西島豊造が教えるお米がおいしくなる豆知識

1486views読書大好き読書大好き

このエントリーをはてなブックマークに追加
お米をおいしく食べる本

米上手になるコツ

1. 地方産の米を取り寄せよう
米をネット販売している店もあるので、気になる米は取り寄せましょう。

2. 1-2kgを目安に買う
毎回違う米を数kg単位で買ってみてください。精米も新しいほうが旨いし、各地の米を食べ比べ、好みの米を探すことができます。

3. 旨い米に出合ったら品種を聞く
飲食店の米が旨かったら遠慮せず品種を店員に聞いてください。

米の香り

米には5つの香りがある。
炊いているときの湯気の香り
ふたを取ったときのの香り
ほぐしたときに立ち上る香り
茶碗に盛ったときの香り
ロに含んだとき、ロかり鼻に抜ける香り

米の味

味を表現する言葉が少ないのが米です。甘い。冷めても甘い。 食へごたえのある味。しっかりとした味。どっしりとした甘み。さっぱりとした甘みといった言葉しかありません。

玄米を10倍おいしく食べる方法

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な玄米は栄養価が高くダイエットにもよいとされる食材のひとつ。

1. 選び方
食味がよくないので、黒い斑点がある玄米は取り除く。

2. 研ぎ方
白米は米の表面が傷つかないように心がけるが、玄米は力を入れて洗う。

3. 塩を入れる
研いだ後、ひとつまみほどの塩を入れることで、玄米特有のエグミをおさえることができる。

4. 炊き方
水は玄米2合に対して約550cc。圧力鍋で、きっちり蓋を閉め、重しをのせる。火加減は、最初は強火で、鍋から湯気が出たら弱火で30分。最後に15分間蒸らせば完成。

感想

お米の炊き方から雑穀米、お米の豆知識などとにかくお米に詳しくなる一冊です。普段毎日たべているお米なのに全然知らないことだらけでした。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く